【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?
 
『恐怖新聞』は1970年代に一世を風靡した、
つのだじろうさんの漫画
が原作。

今回のドラマは、原作をもとに、
異なるストーリーになっています。

では、そのドラマのキャストとあらすじネタバレを!
そしてラストは、どうなるのでしょう?
 
Sponsored Link

目次

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャスト

小野田詩弦(しづる)ー 白石聖

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?2

主人公。京都にある大学の2年生。
20歳になったのをきっかけに、一人暮らしを始める。

一人暮らしに反対だった父とは、折り合いが悪くなった。

一人暮らしをきっかけに、自転車宅配サービスのバイトを始める
 

松田勇介 – 佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?3

詩弦(しづる)のバイト先の先輩。
フリーター。

詩弦と恋人同士になる。
 

小野田歌子 – 黒木 瞳

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?4

詩弦(しづる)の母親

詩弦のよき理解者で、詩弦と父(夫)の間に入り
小野田家を丸く収めている。

が・・・恐怖新聞の存在を知り、意外な行動に出る。
 

小野田蔵之介 – 横田栄司

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?5

詩弦(しづる)の父親。

喫茶店を経営している。
昔ながらの日本の父親タイプ。

詩弦の出生の秘密を持つ。
 

宮沢桃香 – 片山友希

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?6

詩弦の幼なじみ。
同じ大学に通っている。

やがて、詩弦(しづる)の恋人・勇介に
惹(ひ)かれていってしまう。

恐怖新聞に関しては、やや半信半疑。

蜷川冬夜(にながわ) – 猪野 学

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?7

事件事故現場で何度も目撃されているため、
刑事の篠崎から「死神」と呼ばれている。

実は恐怖新聞の、前の契約者。
 
 

篠崎林太郎 – 駿河太郎

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは?8

京都東警察署の刑事

蜷川(にながわ)と事件の関連性を調べている。
 
 
 
 
Sponsored Link

恐怖新聞が怖い!ドラマ【1話】あらすじネタバレ!

憧れの一人暮らし

20歳を機に、憧れの一人暮らしを始めた
小野田詩弦(しづる・白石聖)。

だが、父の蔵之介(横田栄司)は、
一人暮らしに反対していて、

実家には近寄りづらくなってしまった。
 
 
一方で、母の歌子(黒木瞳)と、
幼なじみの宮沢桃香(片山友希)は
応援してくれている。

「恐怖新聞」の配達

ところが、一人暮らしの初日。

午前0時に、誰かが部屋のドアを激しく叩く。

そして、新聞受けに何かが入ってくる。
紙だった。
 
 
「恐怖新聞」と書かれている。
 
 
そこにあったのは、
数日後の日付と、若い女性が転落し、亡くなるという記事。

事件が起こる

一人暮らしを機に、自転車宅配サービスの
バイト
を始めた詩弦(しづる・白石聖)。
 
 
その配達中に、女子高生の自害を目撃する。
 
 
動揺する詩弦。

バイト先の先輩・松田勇介(佐藤大樹)は、
そんな詩弦を心配する。

「初老の男」

ある日、詩弦のもとに、
京都東警察署の刑事・篠崎(駿河太郎)が訪ねてくる。

事故現場の写真に写る、「初老の男」を探しているという。
 
 
後に、「初老の男」は蜷川冬夜(にながわ・猪野学)という
引越し業者だと分かるが、逃げられてしまう。

「恐怖新聞」の父の記事

詩弦と勇介は、付き合い始めた。

ところが、勇介が泊まりに来た夜に、
新しい恐怖新聞が届く。

 
 
そして、そこには父・蔵之介の記事が・・・!

だが、どうやら恐怖新聞は詩弦にしか見えないらしい。
勇介も信じてくれない。
 
 
父の命を救うため、実家へ向かった詩弦。

母が「神社へ出かけた」という。
恐怖新聞には、神社の鳥居のようなものが描かれていた!
 
 
急いで後を追う詩弦。
 
 
父は無事だった。
ともに家に向かう父と詩弦。

途中、父はタバコを吸おうと、立ち止まる。
 
 
そこに工事現場から、
一本の鉄パイプが父に向かって飛んでくる。

そのパイプは、父の体を貫(つらぬ)いた 。
 
 
父が亡くなる寸前

「お前のせいだ!」
「お前が生まれたせいだ」
「絶対に許さない!」

という言葉を残す。
 
 
父は、詩弦が生まれる前、
近くの神社に、毎日安産を祈願して通っていた。

だがそれは、安産の祈願ではなかった。
その子供が、生まれてこないように祈願していたのだ。

父は何を知っていたのか?

【恐怖新聞が怖い!】ラストは?

原作の漫画と、ドラマのストーリーは異なっています。
なので、ラストも原作とは異なる可能性が大です。
 
 
ここではとりあえず、
既に分かっている、原作のラストを。

原作の主人公は
鬼形礼(きがた れい)という中学生の男の子

ドラマと同様に、恐怖新聞が届くようになります。
そして数々の、超常現象に遭遇(そうぐう)します。
 
 
除霊をすることを決意した鬼形礼は
霊媒師と共に、山の中の霊場へと向かった 。
 
 
ところが、 悪霊は強く、鬼形礼は重傷を負ってしまう。

その後、その場所で局地的な大地震が起こる。
その地震により、鬼形礼は命を落としてしまう。
 
 
霊となった鬼形礼に、悪霊たちが取引を持ちかける。

「中学校のクラス全員の命を奪えば、
生き返らせてやる
」というものだった。
 
 
だが結局、鬼形礼はクラスメイトを救ってしまう。

鬼形礼は無事、幽界へとたどり着いた。
・・・はずだった。

 
 
そのころ、人間界では、新たな人物が「恐怖新聞」の配達を受けていた。

その人物が見た配達人は、鬼形礼だった。
 
 

なんだか救われない結末・・・。

ドラマはもう少し、
ハッピーな終わり方になってくれるといいですね・・・

【恐怖新聞が怖い!】ドラマのキャストとあらすじネタバレ!ラストは? まとめ

ティザーや、予告を見ていても
かなり怖そうです。

黒木瞳さんが、どんな行動をするのか
注目ですね!

2020年版の『恐怖新聞』、
どんな風に出来上がっているのか楽しみです。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
Sponsored Link

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる