松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』はどんな話?絵柄や意味も!

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』はどんな話?絵柄や意味も!

多くのファンからアニメ化を待望されている
少年ジャンプの漫画『アクタージュ』

(原作者・松木達哉)

どんなストーリーなのでしょうか?

その絵柄や、『アクタージュ』の意味も!
 
Sponsored Link

目次

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』はどんな話?

役者志望の女子高生、夜凪 景(よなぎ けい)。
家にあった、多くの映画を見て、演技を覚えた。
 
 
母親は亡くなり、父は家を出て行った。
弟と妹と三人暮らし。

父親から仕送りはされているが、
景(けい)は、それには手を付けず、

自分のアルバイトだけで生活をやりくりしている。
 
 
賞金目当てに、プロダクション『スターズ』の
オーディション
を受けるが、不合格 。

だが、そのオーディションで
映画監督・黒山 墨字(くろやま すみじ)
の目にとまる。

 
 
景は、黒山のスタジオ「大黒天」に入り、
演技派女優への道を歩み始める。

 
 

プ~のアイコン画像プ~
少女漫画の「ガラスの仮面」みたいですね!

Sponsored Link

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』の絵柄は?

こちらが主人公の夜凪 景(よなぎ けい)

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』はどんな話?絵柄や意味も!

はなこのアイコン画像はなこ
ちょっとクールな感じ

こちらは、友人でありライバルでもある百城 千世子(ももしろちよこ)

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』はどんな話?絵柄や意味も!

たろうのアイコン画像たろう
ちよこちゃん、かわいい!

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』の意味は?

アクタージュ act-age
という英語は存在しません。

造語です。
 
 
act は「演ずる」

age は「時代」

などの意味があります。
 
 
「演じる時代」のような意味で作られたのではないでしょうか。

松木達哉の少年ジャンプの漫画『アクタージュ』はどんな話?絵柄や意味も! まとめ

主人公・景が様々な役者や演出家たちと出会いながら
役者として成長していく物語。

すでに12巻まで出ている長編です。

「ガラスの仮面」の現代版といった感じ。

それぞれのキャラクターも魅力的です。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 
Sponsored Link

コメント

コメントする

目次
閉じる