ドラマ「凪のお暇」が始まりました。
ちょっと、ほっこりしてしまうドラマ。

ドラマ各話のあらすじネタバレと配役と登場人物。

そして凪ちゃんの簡単、節約レシピを全話一覧にしていきます。
 
毎週更新していきますので、ぜひブックマークをお願いします!
 
Sponsored Link

目次(クリックするとジャンプします)
凪のお暇ドラマの配役と登場人物!
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[1話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[2話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[3話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[4話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[5話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[6話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[7話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[8話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[9話]
凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[10話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[1話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[2話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[3話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[4話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[5話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[6話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[7話]
凪のお暇ドラマのレシピ一覧[8話]

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!

大島 凪(おおしま凪)… 黒木 華

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

コンプレックスの天然パーマ
毎朝1時間かけてサラサラストレートヘアにしている

真面目でおとなしい性格。
周りの空気を必死で読み 「わかる!」 と合わせてしまう。

しかしある日、彼氏、我聞慎二 (高橋一生) からの一言が
きっかけで心が折れて
しまう。

仕事も恋もSNSも全部やめて、
郊外のボロアパートに引っ越し、新たな生活に踏み出す。

103号室

我聞 慎二(がもんしんじ)… 高橋一生

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

凪の元彼氏。
元の凪の会社の営業部勤務。

営業成績は常にトップ。
「空気は読むものではなく、作る物でしょ。」
という考え方

安良城 ゴン(あらしろゴン)… 中村倫也

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

凪が引っ越してきたアパートの隣人
104号室

イベントオーガナイザーをしている

天性の人たらし。
誰にでもオープンで、優しくて聞き上手。
     

坂本 龍子(さかもとりょうこ)… 市川実日子

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

凪と新たに出会う。

成績優秀で高学歴、が求職中の元会社員
「空気を読みすぎた」 凪とは対照的に、「空気を読めなかった」 女性。
 
 

白石 うらら(しらいしうらら)… 白鳥玉季

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

凪が引っ越してきたアパートの隣の女の子
小学5年生。

102号室。

母子家庭で母が働いているのでカギっ子

白石 みすず(しらいしみすず)… 吉田 羊

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

うららの母。シングルマザー。

うららを通して凪と知り合い、
凪の良き隣人で相談相手となる。
 
 

吉永 緑(よしなが みどり)… 三田佳子

凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧

203号室のおばあちゃん

パン屋でパンの耳をタダでもらったり、
自販機の下の小銭を探していたり…

しかし、人に何と思われようと、
日々の生活を大事にして、生きている人

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[10話]

慎二とのニセ結婚話の破談とゴンの告白

スナックバブルで、慎二とのニセ結婚話は破談になり、
でも、逆に慎二との距離が縮まった感じ
だったこと、

ゴンさんから告白されたことを話す。
 
 
凪はゴンさんみたいな素敵な人に告白されたら、
何か代わりに悪いことが起きそうで怖い、と言う。

と、ママが「あんた今月、50年に一度のモテ期よ」という。
「次は78歳」

緑おばあちゃんと松山の妹

松山の妹を訪ねた緑おばあちゃん。
妹は夫を亡くし、子供もいないので一人だと言う。

旅館も人手に渡ったそうだ。
 
 
緑おばあちゃんは若い頃、人の顔色ばかり伺い、
何でも言うことを聞く娘だったそうだ。

だから、はねっかえりの王女様の物語、ローマの休日が好きだったのだ。

坂本さんと凪と就職

ベランダでゴンにあった凪。

「やっぱり告白して良かった。空気おいしいもん」というゴン
「返事はいつでもいいからね」と言う。
 
 
ハローワークに行った凪。
面接までこぎつけた。
 
 
そこに坂本さんもきた。

石のブレスレットをしていない坂本さん。
おばあちゃんに貸したことを話す。

そして最近、石がなくても大丈夫になったと言う。
「何か信じられるものができると、人って安心するというか…」

緑おばあちゃんのお暇終了

緑おばあちゃんが帰ってきた。

アパートを出て、松山に戻り、妹と一緒に映画でも見るそうだ。
「長~いお暇だったわね」と、おばあちゃん
 
 
スナックバブルで、凪が幹事で、みすずさん、うららちゃん、
慎二、ゴン、エリィらみんなで、緑おばあちゃんの送別会をやる。

みんなでカラオケをし、凪は初めて人前で歌を歌った。
お客さんと、一曲でも一緒に歌われる歌をと思って練習していたのだ。

楽しそうに歌を歌う凪を見て、ゴンも慎二も嬉しそう。
 
 
送別会の終わりに、
「私も荷造りしないと…」というみすずさん。

「う~ん、俺も」というゴン。
 
 
「皆さん、さっきから何を…?」

あのアパートは今月末で取り壊しだということを、
凪は知らなかったのだ。

 
 
アパートを去っていく緑さん。

最後に「花いちもんめは、選んでもらう遊びじゃなくって、
自分が欲しい子を選ぶ遊びだと思うの。その方が楽しいじゃない?」と凪に言う。

凪とゴン

凪は就職が決まった。

コインランドリーの会社だ。
カフェも併設されていて、住民の人の憩いの場になっている。

アパートも探し始めた。
 
 
ゴンがゴーヤを片付けるのを手伝ったナギ。

ゴンから、一緒に行きたいところがあると言われる。

行った先は、ゴンの新しいアパートだった。
&nbsp
 
「一緒に暮らそう。おばあちゃんになった凪ちゃんの横で昼寝したい」
と言われる凪。
 
 
「ゴンさんの隣にいられたら、多分、絶対幸せで。
幸せすぎて今の私じゃ、 また簡単に流されると思う。
 
 
私、ゴンさんに会って、初めて思ったんです。

あーこういうふうに誰かに、今の自分まるごと認めてもらうのって、
すごく安心するんだなーって、
あったかいんだなーって。

だから私、ゴンさんから色々もらうんじゃなくて、
おいしい空気を、大好きな人たちにあげれる人になりたい。ゴンさんみたいに」
 
 
俺も、いっぱい、もらってるよ、 凪ちゃんから、いっぱい。

凪ちゃんの優しいところも、面白いところも、
発想が斜め上行っているところも、全部大好き。

凪ちゃんいなくなったら、俺何もなくなっちゃうよ。
ダメなんて言わないで。」

と、涙ながらに合鍵を差し出すゴン
 
 
でも凪は「ごめんなさい」と言う

凪をそっと抱きしめるゴン

「ゴンさんに会えて本当によかったです」

「俺も」

そして去っていく凪
 
Sponsored Link

坂本さんの就職

坂本さんも、就職が決まったという。
あのコインランドリーの息子さんが紹介してくれたそうだ。

内装の会社の営業だと言う。

二人とも、いつかふたりのコインランドリーを持った時に、
役に立ちそうだと考えての就職だった。

うららちゃんと凪

うららちゃんが、アパートを出ていく日

凪は「どうせ取り壊すんだから、思いっきり遊んじゃお!」

と、うららちゃんを誘い、 アパートに黄色いペンキで落書きをする凪。
 
 
そこに、アパートを去ろうとしていたゴンが、部屋から出てくる。

「まぜろー!」と言ってゴンも参加する。
 
 
「うららちゃん、私が初めてこのアパートに来た時、
この髪を『ふもふのワンちゃんみたい』、て言ってくれたよね。

私すごく嬉しかったんだよ。一生忘れない」

「一生友達?」

「一生友達!」

バブルのママと慎二

バブルのママと話をしている慎二

ほんの数ヶ月前だったら想像もできなかったなあー。

あいつが自分から宴会開いたり、カラオケで歌ったり、
女子達に囲まれて笑ってたり

「今、何考えてる?」とママ。

「ガラにもないこと。
どうしたら、俺があいつの役に立てるかなーって

そこに凪から電話で呼び出しがくる。
 
 
「慎二に報告があって。仕事決まったの。
来週の月曜日からまた働くことになった。

新しい部屋で、新しい生活を始めようと思う。」

ゴンさんの告白は断った

という凪に、
 
 
慎二は「明日休みだろ。1日だけ俺にくれない?
凪のお暇の最後の一日 」

凪と慎二

お暇の最後の一日
 
 
凪と慎二は二人でデートをし、水族館に行く
はぐれたイワシは、また元気に反対方向に泳いでいた。
 
 
ありがとう慎二

一人で泳いでくって、偉そうなこと言って、

でも、またさまよった時には、いつも慎二が助けてくれた。

なのに私は、ずっと一緒にいたのに、慎二の思いも
家族のことも何もわかってあげられてなかった。ごめん。」
 
 
「慎二と一緒にいた時の私の願いって、ひとつだけだったの。

慎二と結婚したい。

でも、それって色々うまくいかないことから
逃げたいってだけの選択肢だった。

 
 
「今は、少しずつつ見つけられるようになったの。本当にやりたいこと。

お暇中に会ったみんなのおかげで」
 
 
そう言って慎二にノートを見せる。

そこには、やりたいことがたくさん書かれていた。

・自分の運転で出かける

・人に興味を持つ

・サッカーを見に行く

・音楽を聴く

・友達と飲む

・美味しいものをみんなで食べる

・好きな服を見つける

・坂本さんとコインランドリーをやる

・ちょっとしたおいとまを提供できる場所を作る

・美味しい空気をあげられる人になる
 
 
今ね、ちょっとだけ未来が楽しみなんだ。でも…」と言いかけた凪に、

その未来に、俺はいない。だろ?」と、慎二
 
 
「もういいよ。認めてやるよ。
お前はもう一人でしっかり泳いでるよ。

だから、お暇卒業するんだろう?
だから俺も、お前を卒業してやる。」

「俺が話したかったのは、お前は絶対に大丈夫ってこと」

「好きになってくれて、ありがとう。行くね 」と去っていく凪。

凪のお暇おしまい

アパート の取り壊しが始まった。

「ありがとうございました。凪のお暇おしまい」とアパートにお礼を言う凪。
 
 
新しいアパートに入居するまで、お世話になる予定の坂本さんのアパートへ向かう。

が、坂本さんから「彼氏ができてしまって、申し訳ない」と追い出されてしまう。

なんと、彼氏は慎二のお兄さんだった。
 
 
とりあえず、仕事に向かう凪。
 
Sponsored Link

各話レシピはこちらから
↓ ↓ ↓

凪のお暇[1話] チョコポッキーの作り方!おばあちゃんのレシピ!
凪のお暇[1話] ゴーヤの種が赤くて甘い!ゴンの黄色いラッキーゴーヤ
凪のお暇[1話] ゴーヤの素揚げ・簡単レシピ!慎二も絶賛!おつまみにも
凪のお暇[2話]レシピ!ゴンのツナ缶のっけトースト・ツナマヨチーズ
凪のお暇[2話] レシピ!おばあちゃんのじゃがバター・ホットポテト
凪のお暇[3話]イワシのフリッターのレシピ!下ごしらえ・割り箸のワタ取り
凪のお暇[3話]いももちのレシピ!醤油だれ・みそ味・チーズ!作り方
凪のお暇[4話]レシピ!ロールレタスの豆苗いり・ホット麦ミルク
凪のお暇[4話]レシピ!枝豆蒸しパン・おやつや簡単なお弁当の代わり
凪のお暇[5話]レシピ!みすずさんの土鍋まるごと茶碗蒸し!卵ふるふる
凪のお暇[5話]レシピ!フライパンまるごとちぎりパン!色んな味で!
凪のお暇[5話]レシピ!青い鳥丼(鶏の照り焼き丼)バブルのママの特製!
凪のお暇[6話]レシピ!じゃがいもと鶏肉のしみしみ・お通しの煮物・ねぎ入り
凪のお暇[6話]レシピ!豆苗とツナ(シーチキン)の炒め物!簡単アレンジも
凪のお暇[7話]レシピ!ぼにぎり(棒状おにぎり)いんげん・炒り卵・チーズ
凪のお暇[7話]レシピ!ゴンのお好み焼き!豆腐にしらたき・豆苗入り
凪のお暇[8話]レシピ!餃子/皮もタネも手作り!料理の作り方

 

関連記事はこちらから
↓ ↓ ↓
凪のお暇ドラマ最終回ネタバレ!ゴンと慎二を比較!付き合うのはどっち
凪のお暇/ゴンが凪に告白!かっこいいのに一途!怪我しても合鍵回収
凪のお暇/母親が最悪な毒親!仕送りに天パ!とうもろこしにリフォーム
凪のお暇/ゴンが本気!嫉妬のクラクション!凪と慎二は結婚へ!?
凪のお暇ゴンさん(中村倫也)の正体と性格は?クズ?メンヘラ製造機とは
凪のお暇ゴンが慎二に宣戦布告!恋の結末・勝利はメンヘラ?モラハラ?
凪のお暇/ゴンと慎二と凪の年齢は?実写化キャストの実年齢と比較!
凪のお暇/黒木華の衣装!Tシャツにジーンズやブラウス!スニーカーも
凪のお暇ゴンの実写・中村倫也!なでなでに“凪”にまたがりが衝撃!
「きのう何食べた?」が面白い!全話あらすじとシロさんのレシピ一覧!
ヘブンご苦楽レストラン/謎の紳士キャスト・舘ひろしのネタバレ!原作は?
ヘブンご苦楽レストラン/石原さとみの衣装!ワンピースやバッグにブラウス
「わたし旦那をシェアしてた」全話あらすじネタバレ!犯人は?夫は何者?
わたし旦那をシェアしてた[1話]小池栄子の衣装!ネックレスにワンピース
ルパンの娘はキャッツアイ?あらすじとドラマのキャストと相関図!
「ルパンの娘」華・深田恭子の衣装!セクシー泥棒スーツにワンピース
サニブラウン・ハキームは日本選手!父親や母や兄弟!英語力は?
久保建英の父や母!親の仕事や祖父は?小さい頃や生い立ちと経歴!
望月慎太郎の出身地や小学校!両親や兄弟に中学校!IMGはいつから?
貴景勝がかわいいと評判!性格や兄弟は?双子との噂も!彼女はいる?
ジャニーさんの面白い名言や逸話!中居くんの”愛され”エピソード!

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[9話]

両家の顔合わせ

突然、凪 (黒木華)のアパート訪れた母、夕 (片平なぎさ) に、
凪と結婚する予定、とウソをついてしまった慎二 (高橋一生)。

凪の母にせかされ、慎二はやむなく、母に電話をかけなくてはならなくなった。

両方の母が電話で話をする。
今週末には、慎二の祖母の米寿の祝いがあるという

そこで両者の顔合わせが行われることに…
 
 
その様子を窓の外から見ていたゴンは
ショックを受けた様子

 
 
アパートの共有スペースで、坂本さん (市川実日子)、
緑おばあちゃん (三田佳子)、みすずさん (吉田羊)、うららちゃん (白鳥玉季) と話す凪。

おばあちゃんからは「いっそ本当に結婚しちゃえば?」と言われる。

ゴンと慎二

お暇を終了して、自分のアパートに帰ろうとする慎二にゴンが話しかける。

「どうするの? 凪ちゃんのこと」
「好きなんでしょ。 もう一回やり直そうってちゃんと言わないの?」

慎二「誰が…」

ゴン「じゃあ泣かないでね。誰かに取られても」
 
 
エリーの古着屋で、エリーに話しているゴン。

「俺エリーに怒られても、ちっともわかってなかった。

なんでみんなに優しくしちゃいけないか、
なんでみんなに合鍵を渡しちゃいけないか。

 
 
「好きな人が他のやつと一緒にいるって思ったら…。
俺のものにならないって思ったら…。」

「壊れそう」
 
 
そして「負けたくない」
「俺、本気だしてみる」と言う。

顔合わせの件を無しにしなくては

実家に行き、なんとか顔合わせの件を潰そうとする慎二。

だが、両方の母が意気投合し
北海道からいろんなものが送られてきていた。

言い出そうとするものの、言葉が出なくなってしまう慎二
 
 
そして慎二の母からもクッキーが送られてきた。

凪の方も言い出せない。

坂本さんと緑おばあちゃん

坂本 (市川実日子)さんと緑おばあちゃん(三田佳子)が、話をしている。

「いい年した大人が、親の顔色を伺ってるなんて、おかしくないですか?」

という坂本さんに「家族って厄介なのよ」というおばあちゃん。
 
 
コインランドリーの店主が
おばあちゃんは松山の老舗の旅館のお嬢様だったと言っていた。

「どうしてこんな生活を? 」と聞く坂本さん
 
 
そこに松山から弁護士が来る。

妹さんが病気だそうだ。
でも会いに行こうとしないおばあちゃん。

結婚式直前に、実家の旅館も、許嫁も、全部妹に押し付けて逃げたのだという。

「今更会わす顔はない」というおばあちゃん

ゴン

クラブに現れたゴン。
顔は傷だらけ、Tシャツも破けている。

スナックバブル・慎二と凪と市川

スナックバブルで、どちらも親に言えなかったことを
話している慎二と凪。

とりあえず顔合わせは無難に済まし、
その後別れたことにしよう、となる。

そこに、なんと市川(唐田えりか)が来てしまう。

二人が結婚すると思った市川、店を出て行く。
 
 
後を追う慎二

「少しは私のこと好きでしたか?」と聞く市川

「もちろん」
「私のどこが?」

こたえられない慎二。
ビンタをくらって、市川は行ってしまう。

ゴンと凪

ベランダで凪に声をかけるゴン

二人でまた公園にご飯を食べに行く
 
 
「私長い間付き合ってたのに、慎二の家族のこと何も知らなかったんだなって」

「そういえば我聞くん、お兄さんのこと探してたよ」
 
 
保冷剤を渡そうとした凪の手を握ったゴン

「前に凪ちゃん『私は変われない』って言ってたよね」

「俺ね、どんな風に凪ちゃんにぎゅっとしてたか、
どんなふうにキスしてたか、もう思い出せない」

「今はそんなことできない。恥ずかしくって。これが限界。」 と手をにぎる。
 
 
「前の俺と、今の俺、全然違うヤツみたい」

「だから人って変われると思うよ。本当に変わりたいって思ったら」

日曜日・顔合わせの日

日曜日、凪は髪をストレートにせずに、出かけた。

両方の両親が挨拶する。

…が、慎二の母が、凪の母に
「お父様、ご病気でお亡くなりになったとおっしゃっていましたが、違いますよね」

「賭け事で借金を作って、蒸発したんですよね

と言う。
 
 
更に、「それになぎさん。慎二と同じ会社でバリバリ働いてるって。
会社もう辞められてるじゃないですか。

職場の人たちとうまくやれなくて、過呼吸になったとか。

今のお仕事、スナックで水商売されてるんですよね

「おばあちゃんにご挨拶したら、すぐに帰っていただけます?
 
 
と、そこに現れたのは、なんと、慎二のお兄さん
ポップな服装だ。

「アメリカで働いてたんじゃないの?」
「あー、ウソウソ! だって俺、ずっと日本にいたし
 
 
なんとかごまかそうとする慎二、だが、お兄さんは止まらない

「あれ母さんまた顔いじった?元々俺になもんね」
「そういえば父さん、別宅元気 ?会ったことないけど弟、あ、妹だっけ?」
 
 
慎二のその様子を見ていて「同じだ。この人、私と同じだ」と思う凪
 
 
「いい加減にしろよ。俺が何のために今まで…」
「はい、はい、帰りま~す」と出て行く兄。

凪と母

大笑いする凪の母。

「さすが、あなたが選んだ人ね、凪」

「昔からそうだもんね。何やらせてあげたって、
何一つ身にならないで お母さんの期待に応えたこともない。

一度だって。その挙句のこれね」

「みっともないご家族。行くわよ凪」
 
 
凪は動かない。

「嫌い」

「嫌い、お母さんが。ずっと…」

とうとう、言った凪
 
 
罪悪感をあおって、言うこと聞かせようとするところとか、
外ではいい人ぶるところとか」

「自分もできないようなことを、私に期待するところとか。…嫌い」

「だけどお母さんかわいそう。ひとりぼっちだから。
前の私みたいに。

周りに誰もいないんだよね。本当の気持ちこぼせる人」

「だから私が必要なんだよね 」
 
 
「行くわよ」と凪の腕をつかんだ母の手を振りほどき

「ごめん。私、お母さんのためには生きられない」
「自分で何とかして。私も自分で自分を何とかするから」

「期待に応えられなくてごめん」

「でも期待に応えない自分の方が、
みっともない自分の方が、生きてて楽しいんだ」

 
 
そして慎二の所に行き「もうやめよう、空気読むの」
「行こう、慎二」と言う。

二人で会場を後にする。

慎二と凪

慎二は、子供の頃の幸せだった家族が、
全部ウソではなかったと思いたくて、家族を守っていたのだ。

ある意味、うまいこと破断になった二人
 
 
「お母さんにひどいこと言った」
「ばあちゃんに、おめでとうって言うの忘れた」

それぞれ泣き出してしまう二人

ゴンの告白

くじらロードで、二人の帰りを待っていたゴン

二人を見つけて駆け寄る
 
 
「俺、凪ちゃんのことが好き。めちゃくちゃ好き」

「だけど告白って、どうやってやったらいいか分かんなくて…。
だから回収してきた
 
 
と言って、合鍵をジャラジャラと落とす。

「いろんな女の子に渡していた部屋の鍵」

顔の傷は、合鍵を回収するためだった。
 
 
「これから、凪ちゃんだけを見る。

凪ちゃんだけに優しくする。凪ちゃんだけのちぎりパンになる」

「凪ちゃんだけ、好きでいる。」
 
 
「凪ちゃん、俺と付き合ってください!」

とふかぶかと頭を下げた。

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[8話]

凪 (黒木華) に本音を打ち明けた慎二 (高橋一生)。

昨夜、来るはずだった、円 (唐田えりか) からの連絡はなかった。
 
 
朝、出勤しようとする慎二に、なぜかゴン (中村倫也) から
朝ご飯のお誘いがはいる。

初めて会社をサボることにした慎二。
 
 
その頃、凪はスナック 「バブル」 のママ (武田真治)、
杏 (中田クルミ)、緑 (三田佳子)、みすず (吉田羊)、
うらら、エリィ (水谷果穂) と一緒に

凪の部屋で「バブル」の餃子パーティの仕込みをしていた。
 
 
慎二とのことを皆に話す凪。

みんなは凪にフラれて泣いている慎二を何度も見かけている。

うららちゃんですら、
「学校でウワサになってるよ。くじらロードの号泣おじさん」と言う。

それを知った凪は混乱してしまう。
 
 
風にあたろうとベランダに出ると、
ゴンの部屋のベランダに、なぜか慎二が!?
 
 
一方、坂本さん (市川実日子) と共同経営することになったコインランドリー。
計画は順調に進んでいた。
 

凪は北海道の実家に帰る/ 母との対決

その頃、北海道の凪の母、 夕 (片平なぎさ) から、
台風で家に被害が出たと連絡が入る。

様子を見るために、北海道の実家に戻ることになった。
しかし、凪は自分のお母さんが苦手。

 
 
しかも、明日はコインランドリーの契約日だ。

北海道からお金を振り込むことにする。
 
 
その頃、慎二は一週間の休みを取って、ゴンのところで、
「慎二のお暇」
をやっていた。
 
 
次の日の朝、北海道に向かう凪。

髪の毛をストレートにして、綺麗なワンピースを着
いかにもOLっぽい服装で出かけようとする。
 
 
それを見つけた慎二。

「なんだよその頭」

「そんなんで勝てるの?タイトルマッチ(お母さんが上京した時のタイトルマッチ)」

「その格好してる時点で、負けてね? 」

と言う。
 
 

「行くな!」

と引き止める慎二
 
 
だが、凪は北海道に向かう
 
 
台風の被害は、被害とは言えない程度の
大したものではなかった。

しかし、お母さんから家のリフォーム代をせびられた凪
金額は60万円以上。
 
 

なんとか、やっとの思いで

「私、今やりたいことがあるの。そのためにお金が必要で。」
「余裕ができたら、リフォームのお金は何とかするから」

と断ろうとする。
 
 
が、お母さんは凪が言っているだけあって、そんなことでひるまない。
 
 
とうとう、リフォーム代金をお母さんに振り込んでしまう凪

銀行残高は10万円を切ってしまった。

もうコインランドリーを買うための50万円は残っていない。

慎二とゴン

バス停のベンチで、坂本さんに電話で
「ごめんなさい。コインランドリーできなくなりました」と泣きながら言う凪
 
 
そこに、なんと慎二が現れた!

凪「慎二の言った通りだったね。私、変われない」
 
 
慎二「俺が好きだったのは、サラサラのストレートと

貧乏くさいけど、しみるメシと

俺の顔色ばかりうかがっている 控えめな性格」
 
 
慎二「でも今は、もじゃもじゃの方がいい」

プ~プ~

この慎二の優しさ、しみますね!

泣いている凪の頭に、そっと手を乗せる慎二
 
 
それを見ていたゴン

(ゴンと一緒に、車で来ていたのだ。)

くやしげな顔で、思わず一瞬クラクションを鳴らす!
 

母との対決・再び

慎二とゴンに連れられて車に乗り、
立川のアパートに戻ってきた凪。

アパートの共有スペースで坂本さんに謝る。

「楽しい夢を見させてもらえた。また楽しい夢を描けますよ」
と坂本さんは励ましてくれる。
 
 
と、そこになんと、お母さんが現れた。

「何? そのみっともない格好」と言う
 
 
凪が慎二たちと一緒に、
車に乗るところを見て、追いかけてきたのだ。

 
 
「住んでる所ってここ?」

会社はどうしたの?今日平日よね」

「北海道まで来ていたあの男性たちは、どういうお付き合いなの?」

と、たたみかけてくる
 
 
そこに、ゴンの部屋から慎二が出てくる

「申し遅れました。私、凪さんとは同じ会社で、
お付き合いさせていただいている
我聞慎二と申します。

「僕たち今、有給消化中なんです。」
 
 
「このアパートに引っ越したのは、
凪さん、お金をためたいって言ってくれてまして。

そのう…僕たちの結婚資金を
 

たろうたろう

さすが営業マン、素晴らしいカウンターアタック!

「ご挨拶が遅れて大変申し訳ありませんでした。どうかご心配なく
 
 
と、ここまでは良かったんですが….

母「で、いつお会いできますの? そちらのご両親とは 」

と、来てしまった。ある意味ピンチ!

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[7話]

凪 (黒木華) から、ゴン (中村倫也) と別れたことを聞いた 慎二 (高橋一生) 。

円 (唐田えりか) とラブラブだったにも関わらず、
凪が気になってしょうがない。
 
 
2人のランチも上の空。

そこに、慎二に興味のある、会社の足立 (瀧内公美) たちが入ってくる。
微妙な雰囲気に…
 
 
いつものコインランドリーで、
洗濯をしていた坂本さん (市川実日子) と凪。

店主から、コインランドリーを閉店すると聞く。
店主は、冗談半分で「コインランドリーを継がないか?」 という。
 
 
凪はその夜、坂本さんと一緒に、その話を、
ゴン、緑おばあちゃん (三田佳子)、みすず (吉田羊)、うららに話す。

みんなは「そんな夢もありかも」 という話に。
 
 
凪は引っ越してきた時の、
ウィッシュリスト(やりたいことリスト)の事を思い出した。

みんなで書いてみることにしたが、

みんなは書いているのに、
あの時と同様、凪はやはりなかなか書けない。
 
 
そんな凪を、みすずがドライブに誘う。

そして凪に運転してみるように言う。
 
 
「でも…」断ろうとする凪に
「”でも”が口癖になってないですか?」というみすず
 
 
運転してみて、気持ちいい風に吹かれて、嬉しくなる凪。
 
 
みすず は
「歩いてしかいけない所、自転車でしかいけない所、車でしかいけない所、
見られない景色がある」
と言う

勇気をもらった凪、コインランドリーに夢を膨らます。

実は坂本さんも、本気でそれを考えていた。
 
 
坂本さんの東大卒という学歴が功をそうし、
二人は本当にコインランドリーを経営することになった。
 
 
一方、慎二は行方不明だった兄が見つかった。
うさん臭い仕事を、しかも本名でしている。

兄に説教しに行った慎二。

逆に「今でも空気読んでるのか」と言われ、
仕事のイベントの最中に、あの時の凪のように倒れてしまう。
 
 
その頃、なぎは、おばあちゃん、ひいおばあちゃんから受け継いだ
ぬか床
を引っ越しの時に、全ての荷物と一緒に捨ててもらってしまったことを

悩んでいた。
 
 
そして、慎二の部屋に小分けにしたぬか床を置いてあったことを思い出す。

慎二の部屋に、ぬか床をもらいに行く凪。
 
 
とうとう慎二が本音を言う。
「好きだった。幸せにしてあげたかった。できなかった。ごめんな。」

慎二の部屋には、まだ豆苗が残っていた。
 
 
その頃、自分の凪への感情が恋だと知ったゴン。

恋わずらいの真っ最中だった

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[6話]

ゴン (中村倫也) と別れ、再びリセット人生をスタートした 凪 (黒木華)

自転車で海に行った時に助けてもらった
スナックのママ (武田真治) から声をかけられ、

スナック 「バブル」 2号店でボーイとして働くことに。
 
 
なんとか雑用をこなすものの、

お客さんから話を振られると
うまく答えることができず
に、落ち込んでいた。
 
 
そこに坂本さんが訪ねてくる
アパートのおばあちゃん(三田佳子)から聞いたそうだ

凪がゴンと別れたこと
坂本さんの就職が決まったこと

をお互いに話す。
 
 
ある日、バイトの帰り、残業帰りの、坂本さんと行きあった凪
そこに、会社に呼び出されたと言う、みすずさんが通りかかる

3人で人生ゲームをしながら飲むことに。

坂本さんは勉強ができて、超エリートだったけれど、
就職活動に入って以降は、挫折(ざせつ)続きだったことを話す。
 
 
バイト先での、人との会話に困っている凪
ママがアドバイスをする。

愛想笑いと、上っ面の相槌をやめること

そもそも、なぜ相手がボールを投げてくれると思っているのか。

本当の聞き上手っていうのは、
相手が打ちやすいボールを先に投げてあげるのだ。

あんたが相手にボールを投げられない理由は、
あんたが相手に興味がないからよ
 

たろうたろう

さすが水商売のプロはすごい!

ある日、「バブル」 2号店を訪れた慎二。
ボーイとして働く凪と鉢合わせをしてしまう。

しかし、慎二はそれをママたちに悟られないよう、初対面のフリをする。
 
 
だが、凪が苦手にしているお客のグループと
すっかり馴染んで「わかる!」という慎二

凪のよく使っていた「わかる」ではない。
本当に「わかる」の「わかる」

はなこはなこ

さすがに、こういうところは慎二はすごい!!

凪は慎二にゴンと別れたことを告げる。

そこに円が「ごめんなさい、遅れちゃって」と来る

円のことを「彼女」と紹介できない慎二
 
 
バイト先のお客さんから、坂本さんの会社が「詐欺」と聞いた凪

ガラケーしか持っていないので、
みすずさんにお願いして、パソコンで調べてもらう。

パワハラや給料未払い、被害者の会など
かなり危険な会社。
 
 
そして、慎二がバブルのママに電話番号を聞いて
凪に連絡してきた。

坂本さんの会社でセミナーが開催される
担当は坂本さん
 
 
「行ってみる」と凪

セミナー会場に向かい

司会をやっている坂本さんの手をつかみ
会場から連れ出す。

凪の「行ってみる」で会場に駆け付けた慎二。
会場の扉に棒を引っ掛け、開けられないようにする。
 
 
バブル2号店に、逃げ込んだ3人。

いつも前を向いている坂本さん、素敵だと思います。
でも、たまには後ろも見ないと 、

自分がどこにいるか分からなくなっちゃいませんか?

という凪。

たろうたろう

凪ちゃん、成長したねぇ~

そしてママと 杏 (中田クルミ) は、
凪が、慎二の大好きな元カノだと気づく。
 
 
その頃、凪から返された鍵を見つめるゴン。
凪のことを考えると胸がチクッとする。
 
 
すると、 緑おばあちゃんから (三田佳子) からそれは 「恋」だと言われる。

初めての胸の痛みと感情の変化。

「じゃあ初恋ね」と言われるゴン

すっかり、初めての恋わずらいになってしまっていた。

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[5話]

ゴン (中村倫也) に恋をし、
すっかり自堕落(じだらく)になってしまった凪 (黒木華)。
 
 
ゴンがメンヘラ製造機と聞き、心配していた慎二 (高橋一生) は凪に会いに行く。

しかしやはり、きつい言い方をしてしまう慎二
実は、変わってしまった凪に、雨に隠れて泣いていた。

2人の話はヒートアップ。
 
 
そこに、みすず (吉田羊) と うらら (白鳥玉季) の親子が通りかかります。
うらら「凪ちゃんをいじめないで」

そのまま凪はみすず とうららの家におじゃますることに 。
 
 
久しぶりにうららの顔を見て、みすずの手料理を食べて、

凪は自分がいつから、うららと遊んでいないか、
いつから自炊をしていないかと考える。

みすずさんの土鍋まるごと茶碗蒸しはこちら
↓ ↓ ↓
凪のお暇[5話]レシピ!みすずさんの土鍋まるごと茶碗蒸し!卵ふるふる

 
 
自分の部屋に戻ったなぎは、

豆苗がすっかりしおれていること、
相棒だったはずの黄色い扇風機には、タオルがかかっていること

に気付く。
 
 
そして、「ゴン断ち」を決めた凪。

自転車で「自分の意志」で「自分の足」で
ゴンとの思い出の海へ
行きます。

途中、道に迷ったなぎ、
勇気を出して、開いていたスナックに入ります。

スナックのママとお姉さんに励まされた凪。
 
 
たどり着いた海は、

ゴンと一緒に来た時のように、
キラキラとはしていませんでした

むしろ、ちょっと汚い。でも、空気はとても美味しい

今度こそ、一歩前に踏み出せた凪でした。
 
 
そして、凪は部屋の鍵をゴンに返します。

この時、ゴンに渡した「ちぎりパン」はこちら
↓ ↓ ↓
凪のお暇[5話]レシピ!フライパンまるごとちぎりパン!色んな味で!

 
 
去る者は追わないゴンですが、

どんなに多くの女性が彼を好きになってくれても

その女性たちはみんな、
壊れていってしまい、彼から去っていく。

そのことに寂しさを感じていました。
 
 
凪に別れを告げられた後、
ふと左胸に、何かチクリとしたものを感じるゴン

それが何かは、まだ気が付いていない。
 
 
一方、慎二 (高橋一生) は大阪支社から異動してきた、
市川円 (唐田えりか) と急接近していた。
 
 
そして、助けてもらったスナック、バブル2号店のママから
声をかけられ、凪はスナックのボーイとして働くことに…

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[4話]

凪 (黒木華) から別れを告げられた慎二 (高橋一生) 。

また、道端で泣き崩れてしまう。

そこにゴン (中村倫也) のクラブ仲間のエリィ (水谷果穂) が通りかかる。

エリィはこの間も、
大泣きしている慎二 (高橋一生) を見かけたのだ。

エリィは慎二をクラブに連れて行く。

そこで、
「ゴンは付き合った女の子をダメにしてしまう、“メンヘラ製造機”
という話を聞いた慎二。

 
凪のことが心配になる…

一方で、慎二は大阪支社から異動してきた、
市川円 (唐田えりか) と親しくなりつつあった。

円は、OL時代の凪と同じ、サラサラストレートヘアの女性だ。
 
 
その頃、凪はすっかりゴンにはまってしまっていた。

しかし、 他の女性と親密に話すゴンからは目をそらし、
二人でいるときは幸せなんだもん…と、自分を抑える。
 
 
坂本さん(市川実日子)に、
「大島さん、あの男にだまされてると思います」

と言われても、
 
 
うららちゃんに、
「凪ちゃん、最近おかしいよ」

と言われても、
 
 
ボロボロになっていってしまう凪

倹約家だったのに、コンビニで食料を買うようになり、
ハローワークにも行かなくなる
 
 
凪のことがどうしても気になる慎二
再び、凪のアパートへ向かう。

凪は留守だった。
 
 
たまたま出てきたゴンと、ゴンの部屋で凪の帰りを待つことに

ついに、直接対峙した慎二とゴン。

「俺ら、我們くんが心配するような仲じゃないから、安心して」
というゴン。

たろうたろう

っていうか、「心配するような仲じゃない」のか!???

「おぅ、凪ちゃんの元彼くん、俺と勝負しない?」

と慎二に言うゴン。
 
 
ゲームだった。
 
 
ゴンの人たらしぶりに、
慎二までもやられてしまいそうになる。

電話がかかってきて、
鍵を置いて慎二を残して出て行ってしまったゴン。
 
 
慎二は、ユニットバスの中に、沢山の化粧水や髪飾りなど見つける。
 
 
帰っていく慎二。
コンビニから出てきた凪と鉢合わせする。

コンビニで買ってきた、てきとーな食材。
 
 
「いいのかよ。お前以外に何人も女がいる男で」

「全然いいよ。だって二人でいるときは幸せなんだもん

雨に打たれながら、変わり果てた凪に
慎二は泣き出してしまう。

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[3話]

凪 (黒木華)に北海道に住んでいる母、夕 (片平なぎさ) から、
手紙が届く

携帯を解約し引っ越ししたことがバレていた!
 
 
慌てて新しい携帯を契約するが、母は東京に来ると言う。
なんとか止めることができたが、

結局、近々親戚の結婚式で東京へ来ることになった。
 
 
部屋を出ると、近所に引っ越してきた龍子 (市川実日子) が、凪を待っていた。

龍子に慎二 (高橋一生) との事を聞いてもらう。

慎二がクズだと思った龍子、
「なんで付き合っていたのか」と凪に聞く。

凪は答えられなかった。
 
 
そこに、部屋から出て来た ゴン (中村倫也) と出くわす。

龍子はゴンを気に入ったが、
彼の職業がイベントオーガナイザーだとわかると、
「住む世界が違う」と凪に釘をさす。
 
 
凪は出会いに恵まれない、と思った龍子は凪に内緒で、
婚活パーティに申し込んでしまう。

一方、凪にビンタされた慎二

女性社員たちから 「彼女にビンタされたんじゃないか」 と噂されていた。

いつもなら上手く空気を作るのだが、
凪がゴンと一緒に楽しそうに、じゃがバターを食べているところを
思い出すと、凍ってしまう。
 
 
そんな頃、凪は隣の女の子、 うらら (白鳥玉季) とゴンと一緒に
イワシのフリッターを作っていた。

 

うららは、揚げたてを2階のおばあちゃん、緑 (三田佳子) に持っていく、
と部屋を出ていく。

凪とゴンは部屋の中で2人きりに

ゴンは凪にキスをしようとするが、
凪は「もう~からかわないでください」とやんわりと逃げる
 
 
龍子が申し込んだ婚活パーティーに出なくてはならなくなった凪。
そこで、元の会社の同僚に会ってしまう。
 
 
言いたい放題、言われる凪。
ふとゴンが言っていた言葉を思い出した。
 
 
北海道からやってくる、
お母さんと対戦しなくては、ならないことについてだ。

「タイトルマッチじゃん。凪ちゃんなりの戦い方を身につけて挑まなきゃね」
 
 
スイッチが入った凪、
元の同僚に、うまい嫌味で言い返した。

「それって、チョロそうな女に群がる男と同じくらい
あさましいんじゃない?」

たろうたろう

いいぞ!凪ちゃん。
だんだん強くなってきたね❤

でも、これで凪は気づいたことがあった

「自分も同じだ。あさましい」
慎二のことを経歴や肩書で好きだったことに気づいたのだ。
 
 
慎二に会って、それを伝える凪
 
 
その夜、ベランダにいるゴンに
「もしよければ、お部屋に遊びに行っていいですか?」
という凪

とうとうゴンとの恋が始まった

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[2話]

全てを捨てて人生のリセットを決めた凪 (黒木華)。
郊外のボロアパートで再出発を始める。

しかし元彼の慎二 (高橋一生)が訪ねてきて
「お前は絶対、変われない」と言われてしまう。
 
 
ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。
生きているだけでお金が減っていく…

失業保険の給付を受けるために、ハローワークへ向かった凪。
そこで、担当者ともめている 坂本龍子 (市川実日子) と出会う。

凪は思い切って話しかけてみた。
 
 
一方、行きつけのスナック「バブル」で
ママ (武田真治) や 店員から

「女心が分かっていない」と言われた慎二。
 
 
凪のアパートへ行きチャイムを鳴らし続ける

その慎二に、2階のおばあちゃん、吉永緑 (三田佳子)が声をかけた。

凪が帰ってくるまで、おばあちゃんの部屋で待つことに。

一緒に映画を見ていた慎二
「どうせハッピーエンドでしょ」と言う
 
 
おばあちゃんは「この二人は結局すれ違ったまま別れるのよ」
「男女の悲劇の引き金はね、いつだって言葉足らず」

彼はただ「好き」って伝えるだけでよかったのよ
 
 
おばあちゃんの言葉にはっとする慎二
 
 
その頃、凪は隣人のゴン (中村倫也) と一緒に
近所の公園でバーベキューを
していた。

ゴンのツナ缶のっけトーストはこちら
↓ ↓ ↓

凪のお暇[2話]レシピ!ゴンのツナ缶のっけトースト・ツナマヨチーズ

 

ゴンのゆるっとした空気にいやされる凪。
 
 
二人で帰ってきたところに、慎二と出くわす

凪は慎二を避けようとするが、
なぜか凪の部屋で慎二とうらら、緑、ゴンとトランプをする羽目に…。
 
 
ババ抜きで、5連続で負けた凪

慎二は「こういうので負ける奴って最初から決まってる」
と、また凪の心を土足で踏みにじるようなことを言い出す。

慎二は アメリカのホットポテトの例を出す。
 
 
次に負けたのは慎二。
でもなんと配り間違えでババは2枚あった。
 
 
おばあちゃんが、部屋からじゃがバターを作って持ってきた。

「ホットポテト」と聞いたら、
食べたくなってしまったのだそうだ。
 

 

みんなで仲良くじゃがバターを囲んでいると、
それが気に入らなかった慎二が帰ると言い出す。
 
 
おばあちゃんから、
慎二が北海道の「白い恋人」をお土産に持ってきたことを聞いた凪は
慎二を追いかける。

部屋から出てきたゴンが「じゃあね」と声をかけた。
その時、慎二は凪にキスをする

そして、必死で「好き」と言おうとするが、
また、逆にモラハラ(言葉の暴力)発言
をしてしまう。

凪にビンタを食らった慎二

はなこはなこ

凪ちゃんよくやった!

結局、また大泣きをしながら帰っていった慎二

凪のお暇ドラマの全話あらすじネタバレ[1話]

凪(なぎ)(黒木華)は周りの空気を読んで、
周りに合わせて
ばかりいる女の子。

同僚の女子からはうまく利用されている。
 
 
コンプレックスの天然パーマは、

毎月ストレートパーマをかけ
毎朝1時間アイロンでストレートにしている。
 
 
そんな凪に、ひとつだけ自慢できるものがあった
営業部のエース、我聞 慎二(がもんしんじ)(高橋一生)は凪の彼氏なのだ
 
 
ところがある日、慎二が男の同僚たちに、
「付き合っている女は体が目当てなだけ」と言っているのを聞いてしまう。
 
 
ショックで過呼吸症候群になってしまう凪

一週間会社を休んだが、誰からも連絡は来なかった。
 
 
会社を辞め、荷物も捨て、携帯も解約し

布団だけを背負って自転車に乗り、
引っ越し先のアパートへ
と向かった。

髪も天然パーマのままだ。
 
 
着いたのは郊外のボロアパート。

自販機の下の小銭を探しているおばあちゃんがいる
 
 
ある日、二階から洗濯物が落ちてきた。

二階のおばあちゃんの部屋に持っていったら、
部屋にあげられた。

おばあちゃんの手作りポッキーを食べてるうちに
涙が出てしまった。
 

 
「お布団ひとつで越してきたのよね」と理由を聞くおばあちゃんに、
これまであったことを話した。
 
 
ある日、近所のスーパーに買い物に行った凪
レシートを見ると、レジの打ち間違いがあった。

なかなかそれを言うことができない凪。

だが、やっと思い切って、言ってみた

レジのお姉さんは見た目は怖そうだが、いい人だった。
 
 
初めて言いたいことを言えた凪
 
 
次の日、ベランダから、勇気をだして104号室の人
(ゴン・ 中村倫也)に声をかけて
みた。

ゴンは凪にベランダいっぱいに広がっている
ゴーヤの実をくれた。

ゴーヤの赤い種をゴンに食べさせていると、

 

そこに慎二がやってくる。
 
 
凪の天然パーマの頭を馬鹿にする慎二

凪はここでも慎二に「帰って」と言えない。

ズケズケといろんなことを言い、
凪の気持ちを土足で踏みにじる慎二

「酒買ってきたから飲も。なんかつまみ作ってよ」

ここでも「う、…うん」と言ってしまう凪
 
 
先ほどゴンからもらったゴーヤを素揚げにする

 

そして、平気で凪を抱こうとする慎二

とうとう凪は慎二を突き放した

そして、自分の髪の毛のこと、
今までいろいろ我慢してきたこと、

そしてもうそんなことはしたくないことを必死で話す。
 
 
その凪に「お前は絶対に変われない」という慎二
 
 
そして、帰っていく。

凪は慎二の後を追った。

そして「ありのままを愛してくれなくていいから、
今後私に二度と関わらないで」と告げた。

「また来るね」という慎二
 
 
びしょ濡れになって帰ってきた凪を見つけたおばあちゃんが
髪の毛を乾かしてくれた。

そこに、102号室のうららちゃんが出てきた。

「触ってもいい?」と凪の髪を触って
「ふわふわだぁ!いいなーこの髪」と言う。

涙が出てくる凪
 
 
一方、慎二は大泣きをしていた。

行きつけのスナックで、

付き合い始めの頃、凪が早朝に起きて、
慎二にバレないように

1時間もかけて髪にアイロンをかけているのを見てしまった慎二

「むっちゃけなげだなって。こいつを一生守ってやるって。思ったんだ」

と告白する。
 
 
翌日、皿を返しに来たゴン

いきなりハグをされて、あっけにとられ、倒れ込んでしまう凪

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[1話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[2話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[3話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[4話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[5話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[6話]

※5話のバブルのママの青い鳥丼(鶏の照り焼き丼)も追加しました!
↓ ↓ ↓
凪のお暇[5話]レシピ!青い鳥丼(鶏の照り焼き丼)バブルのママの特製!
 

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[7話]

凪のお暇ドラマのレシピ一覧[8話]