東京オリンピックメダルのデザインが発表されました!

そして一般公開も行われるそうです。
実際に本物を見られるチャンス!

ではそのデザインや、一般公開の場所や日時

メダルの素材や材質、大きさなどを調べてみました。
 
Sponsored Link

東京オリンピックメダルのデザインは?

メダルの表側のデザイン

東京オリンピックメダルの一般公開!素材や材質と大きさ!デザインは

メダルおもて面には

パナシナイコスタジアム(ギリシャのアテネにある競技場。
近代オリンピックが初めて開かれた場所)に立つ勝利の女神ニケ像をデザイン。

たろうたろう

ニケというのはギリシャ神話の勝利の女神
スポーツ用品のナイキのnikeは、このニケから来ています。

メダルの裏側のデザイン

東京オリンピックメダルの一般公開!素材や材質と大きさ!デザインは

無数の光を集めて反射するデザインに。

東京オリンピックメダルの一般公開

2019年7月27日から31日までの5日間、一般公開されます。

場所は、東京都庁(新宿駅 西口から徒歩約10分)
第一本庁舎2階北側
「オリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナー」

土日も展示しているとのこと。
 
 
お近くの方や、都内に用事がある方は、見に行くのもいいですね。
夏休みなので、お子さんも行きやすいですね。
 
Sponsored Link

東京オリンピックメダルの素材や材質

メダルに使われている金属は、
「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」で、

全国から回収された携帯電話等の
小型家電から抽出したもので100%作られています。
 
 
金:約32kg
銀:約3,500kg
銅:約2,200kg

が回収されたそうです。

東京オリンピック金メダルの素材や材質

金1%、銀92.5%、銅6.5%

銀でできたメダルの表面に
金のメッキを施しているそうです

東京オリンピック銀メダルの素材や材質

銀93%、銅7%

東京オリンピック銅メダルの素材や材質

銅97%、すず3%
 
 

たろうたろう

なんだ本当の金や銀や銅の純正ではないの?
と思われるかもしれませんが、

金の場合あの大きさを全部純正にしてしまうと
かなりの金額に…

はなこはなこ

また銀や銅も純正ではないのは、
純正にすると強度の問題で、壊れやすくなってしまうそうです

東京オリンピックメダルの大きさ

金銀銅とも:直径85mm
厚みが最大部分で12.1mm

重量:金メダルが約556g
銀メダルが約550g
銅メダルが約450g

たろうたろう

かなり大きいですね。

東京オリンピックメダルの一般公開!素材や材質と大きさ!デザインは

すてきなデザインのメダルですね。
来年、選手たちが、これを首にかけるのが楽しみです。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
 
Sponsored Link