平昌オリンピックの金メダリストで、
秋田犬のマサルをプレゼントされたことでも知られる
アリーナ・ザギトワさん。

わずか17歳で、引退を決意されました。

体型の変化で、ジャンプが上手くいかなくなってきたそうです。

フィギアスケート女子の、あまりに早い世代交代。

その体型の変化を見てみました。
 
Sponsored Link

サギトワ17歳!美ボディ変化の画像2016年

2016年ジュニアグランプリファイナル
まだ14歳です。

サギトワ17歳!早すぎる世代交代の引退理由!美ボディ変化の画像5選

まだまだ子供という感じですね

サギトワ17歳!美ボディ変化の画像2017年

2017年シニアデビュー 15歳です。

サギトワ17歳!早すぎる世代交代の引退理由!美ボディ変化の画像5選

だいぶ大人っぽくなってはきましたが、
まだ体型は子供っぽいですね。

サギトワ17歳!美ボディ変化の画像2018年

2018年ピョンチャンオリンピック15歳
優勝

サギトワ17歳!早すぎる世代交代の引退理由!美ボディ変化の画像5選

この頃でも、もうすっかり大人のような身体になってきてますね。

二の腕や、胸、もものあたりも、お肉がついてきています。

やっぱり欧米人の方が、日本人に比べ凹凸のある身体になるのが
早いのかも…。

サギトワ17歳!美ボディ変化の画像2019年

2019年17歳

サギトワ17歳!早すぎる世代交代の引退理由!美ボディ変化の画像5選

もう本当に大人の女性の体ですね。

体重のコントロールには、ものすごく努力をされていたそうですが、
自然の体の変化には、なかなか抗えないんですね。

サギトワ17歳!美ボディ変化の画像2019年私服

サギトワ17歳!早すぎる世代交代の引退理由!美ボディ変化の画像5選

さすがにまだ17歳。
少しあどけなさが残っている感じはありますね。
 
Sponsored Link

サギトワ17歳!早すぎる世代交代の引退理由!美ボディ変化の画像5選 まとめ

私が中学生の頃、女性の体育教師が
「この中で逆上がりができる人いる?」と聞きました。

子供の頃はみんな逆上がりが出来るのですが、

女の子が中学生ぐらいになってくると、
胸やお尻が出てきて、できなくなってしまう人が多いのだそうです。
 
 
幸か不幸か、私はナイスバディではなかったため、
高校生になっても平気で逆上がりができました。
 
 
多分フィギュアスケートのジャンプも

バランスが重要なので、
あちこち体が出てくると、
非常に難しくなってくるんだと思います。
 
 
浅田真央ちゃんも、子供の頃はクルクルと
いとも簡単にジャンプをこなしていたのが

だんだん大人になってくるにつれ、難しくなってましたよね。
 
 
ザギトワさんもやっぱりそうなんだと思います。
 
 
でも、大人になるとできなくなってしまうスポーツって
いいんでしょうかね?

大人というのが30代、40代とかじゃなくって10代っていうのは….。

ジャンプだけでなく、
採点方法とか、もう少し変わってもいいんじゃないでしょうか?
 
 
大人だからこそできる表現っていうのもあると思うんですが…。
 
 
では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
 
Sponsored Link