新紙幣の理由と発行予定はいつから?偽造防止の最新技術はICチップ?

9日午前、麻生財務大臣が、
新紙幣を発行することを発表しました。

1万円札、5000円札、1000円札が刷新されるそうです。

新紙幣の発行の理由や、時期、 印刷技術は?
 
Sponsored Link

新紙幣の理由

これまでも偽造防止のために、
20年ごとに紙幣は変更
されているそうです。
 
 
前回は2004年(平成16年)11月1日、
前々回は1984年(昭和59年)11月1日

そして今回は2024年度を考えているそうです。

プ~プ~

ちょうど、やっぱり20年ごとですね。

新紙幣の発行予定はいつから?

2024年は確かですが、
日にちはいつになるのでしょう?

というのも前回も前々回も11月1日に発行されていました。
 
 
でも麻生さん(財務大臣)は「2024年度上期」と言っているので、
今回は11月よりももっと早い時期

発行されるのではないでしょうか?
 
Sponsored Link

新紙幣の偽造防止の最新技術はICチップ?

麻生さんは新紙幣について

「世界最先端の偽造防止技術を搭載」

と言っています。
 
 
高度の「すき入れ」模様

すき入れというのは、
紙面を光にすかして見ると図柄が浮かび上がる技術
 
 
最新技術を使った3Dホログラム

ホログラムというのは、
角度を変えて見ることで、画像が浮かぶ図柄のこと

この3Dホログラムは、
肖像の立体的な画像が回転する
最先端の技術だそうです。
 
 

たろうたろう

う~ん「画像が回転する」???

プ~プ~

ちょっとイメージわきませんね。

はなこはなこ

肖像画が一回転するってこと?

たろうたろう

後ろ姿になったりするのかな?

この技術を紙幣に使うのは、世界で初めてなんですって。

偽造防止以外にも、こんな工夫も

数字を大型化
指の感触で紙幣の違いを判別できる工夫も
 
 
どうやら、ICチップは入ってなさそうです。

新紙幣の理由と発行予定はいつから?偽造防止の最新技術はICチップ? まとめ

新紙幣のデザインも見ましたが、見慣れないせいか
おもちゃのお金のように
見えます。

でもそのうち慣れていくんでしょうね。

3Dホログラムがどんなものなのか
ちょっと楽しみです。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
 
Sponsored Link