妊婦加算てひどい!ありえない! 負担はいくら?歯科や産婦人科は?
 
 
知っていました?
2018年4月より「妊婦加算」というものが実施されていました。
 
 
これって妊婦さんが病院にかかった際に、費用負担が増えるものです。

少子化の上にこんなことが行われていました!

Sponsored Link

妊婦加算の負担はいくら?

自己負担3割の場合(ほとんどの人が3割です)

初診で約230円
再診で約110円

増えます。

さらに深夜・休日・時間外も増額となります。
 
 
❝「妊婦加算」は、妊娠している女性に配慮した丁寧な診療を行う必要がある❝
という理由で始まったそうです。

妊婦加算は歯科や産婦人科も?

病名や診療科にかかわらず
すべての科の基本診療料
(初診料と再診料または外来診療料)

にお金が上乗せされます。
 
 
つまり、週1回、妊婦さんが歯医者に通い始めたとすると

初診230円
再診110円x3回

月560円高くなる、ということです。
 
 
ただでさえお金がかかる妊娠出産時
さらにこれが加わるのは

小さい額でも、チリは積もればです。

Sponsored Link

妊婦加算てひどい!ありえない!

ある産婦人科のお医者さん自身も疑問を口にしています。

❝かねてより初・再診料では、
6歳未満児についての「乳幼児加算」がお馴染みでしたが、

妊婦についても同じ割増加算が加わることになります。
「やっかいな幼な子の診察、それと同じ配慮を妊婦にも」
というメッセージでしょうか❝

 
 
本当にそうですよね!

私、「乳幼児加算」についても今回初めて知ったんですが、
 
 
この少子化の時代に、それでは「妊娠するな」「子供を産むな」と言っているようなものですよね。
 
 
妊娠したら罰金を払わせられるかのよう

こんなことしてたらみんな子供を産めなくなっちゃう
 
 
逆に「妊婦補助」や「乳幼児補助」が あってもいいくらい

妊婦加算てひどい!ありえない! 負担はいくら?歯科や産婦人科は? まとめ

今回この妊婦加算の廃止が検討されることになったそうです。

たろうたろう

そりゃあ、そうだよ

4月に始まって、わずか8ヶ月で廃止検討に
始める前にもう少し考えるべきだったんじゃないですかね

そんなにコロコロ変わること自体もどうかなと思います
 
 
でもとにかく廃止が検討になったのはいいことだと思う

この8ヶ月間に妊婦加算でお金を払っていた妊婦さん、
気の毒ですよね

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

Sponsored Link