マスカレードホテルのあらすじを簡潔に!結末と犯人!犯人役は?mas1

東野圭吾さん原作のマスカレードホテル!

木村拓哉さんと長澤まさみさんのダブル主演
映画がもうすぐ公開されます!

そのあらすじや結末を簡潔に!
 
Sponsored Link

マスカレードホテルのあらすじを簡潔に!

3件の連続事件、そして第4の事件

東京都内で3件の連続事件が起きた。

事件現場には不可解な暗号が残されていた。
 
 
この暗号を解読した警視庁の捜査本部は、
4番目の事件が⼀流ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると予測した。
 
 
第4の事件を未然に防ぐ為、
5人の捜査員がフロントスタッフやベルボーイに扮して
ホテルに潜入。
 
英語ができる帰国⼦⼥の

捜査⼀課の刑事・新⽥浩介(木村拓哉)は、
フロントスタッフ
に扮することになる
 
 

はなこはなこ

マスカレードホテルじゃないの?

プ~プ~

マスカレード (仮⾯舞踏会)というのは、
“お客様”という仮⾯を被っているお客たちのことを
表しているんだって


 
ホテルに泊まるというのは
⽇常と違う“いつもと違う⾃分”を楽しむ場。

ホテルマンは仮⾯を尊重して、素顔を鑑みながら、
その上で相⼿を満⾜させることを考えねばならない

これは、下で紹介する⼭岸尚美のホテルマンとしての考えです。

「ホテル・コルテシア東京」

⼭岸尚美(長澤まさみ)は若いながら⾮常に優秀なホテルマン
 
 
“ルールはお客様が決めるもの。
お客様がルールブックで、

だからお客様はがルール違反を犯すことなどありえないし、
私たちはそのルールに従わなければならない”

をモットーにしている。
 
 
ある⽇、総⽀配⼈の藤⽊(⽯橋凌)に呼ばれて⾏くと
警察の捜査に協⼒することになったことを告げられます。

新⽥浩介(木村拓哉)と⼭岸尚美(長澤まさみ)

刑事は素顔を暴いて仮⾯を剥がすのが仕事
利⽤客にNOとは⾔わないホテルのフロント
 
 
刑事の新⽥浩介(木村拓哉)とホテルマンの⼭岸尚美(長澤まさみ)は
衝突を繰り返す。

が、次第にお互いのプロとしての価値観を認め合うようになります。

ホテルのお客たち①

視覚障害者の⼥性

⽚桐瑶⼦という、視覚障害者で高齢の女性が宿泊に訪れます。
⼭岸尚美は全⾯的にサポートにあたります。
 
 
新⽥浩介は彼⼥が⼿袋をしていることが気になります。

視覚障害者は視覚の代わりとなる、触覚を重視するはず。
それを妨げる⼿袋をずっとはめているのはなぜか?
 
 
実は、彼⼥は視覚障害者ではありませんでした。

視覚障害を持つ彼女の夫のために、
外泊の下⾒に来ていたのでした。

⼿袋をつけているのは、⽕傷の痕を隠すためだったとのこと

不審な男⼥

安野絵⾥⼦と名乗る⼥性が宿泊客として訪れます。

この男を近づけないでほしい、と写真を見せます。

警察は警戒しますが、⼭岸尚美は「珍しいことではない」と言います。
⼭岸尚美は一例を話します。
 
 

1年前、ある女性がやって来て、

ホテルに宿泊している男性と遠距離恋愛をしている。
驚かせるため、彼に⾃分のことを教えずに通してほしい

と言った。

男性に確認をとったところ、そんな⼥性は知らないとのこと。
 
 
⼭岸尚美は「そんな男性は宿泊していない」と嘘を付きますが、
女性も引かない。

「⾃分も宿泊する」というので、「空きの部屋がない」と嘘を付き、
女性を追い返した。

 
 
潜⼊している捜査員の1人から写真の男性が現れたと連絡が⼊ります。
 
 
宿泊表に男性は記名しますが、名前も住所もデタラメ

安野絵⾥⼦の方の名前と住所もデタラメでした。
 
 
男性の部屋を絵⾥⼦から離して取り、
彼⼥にそのことを報告

警戒態勢に入ります。
 
 
すると防犯カメラに、男性の部屋に知らない⼥性が⼊っていく姿が。
そして安野絵⾥⼦も男性の部屋に向かっている。
 
 
「逆に、安野絵⾥⼦が男性を追ってきたのでは!?」
 
 
⼭岸尚美と新⽥浩介は慌てて男性の部屋へ

⾒知らぬ⼥性が急ぎ⾜で出ていく
部屋には男性と安野絵⾥⼦だけが残っていました。
 
 
実は⼆⼈は夫婦
安野絵⾥⼦は、浮気の現場を押さえ、離婚届を突きつけようとしていたのです。

からんでくるお客

栗原という男性客が訪れます。

何をするにも新⽥浩介を指名
嫌がらせのようなことを執拗に続けます。

新⽥浩介はこの男性客に⾒覚えがありました
が誰なのかを思い出せない。
 
 
「⾃分が刑事だとバレたのでは?」
 
 
が、⼭岸尚美のアドバイスから、

栗原は新⽥浩介が⾼校時代
その高校に来た教育実習⽣であったことが判明。

その時、新⽥浩介が栗原に恥をかかせたことで
教師を⽬指す⾃信をなくし、
職場を転々としていたのだ。
 
 
新⽥浩介は何度もキレそうになりますが、
その度に⼭岸尚美の⾔葉を思い出し、冷静に接客を続ける
 
 
栗原は新⽥浩介のプロとしての対応に根負けし、謝罪

新⽥浩介も栗原の再挑戦にエールを送る
 
Sponsored Link

連続事件の捜査の進展

新⽥浩介がホテルに潜入している間に、

第1から3の事件にはそれぞれ別の犯人がいることが
分かってきていました。

が第4の事件に関しては犯人は特定できていません。
 
 
第1から3の事件の犯人を逮捕してしまうと、
犯人が第4の事件を止めてしまう可能性が。

逮捕をせずに、第4の事件の犯人を押さえようという方向に。
 
 
新⽥浩介には能勢(⼩⽇向⽂世)というベテラン刑事のバディがいます。

能勢も新⽥に捜査の進展を隠していたので、新田はヘソを曲げてしまいます。

ホテルのお客たち②

結婚式の花嫁

ホテルで式を挙げる予定の新婦が
ストーカーに付きまとわれている
ことが分かりました。

ストーカーが第4の事件の犯人か?

もうひとつの第4の事件

能勢(⼩⽇向⽂世)は新田に、黙っていたことを謝罪し、
⼭岸尚美にも協力を頼みます。

新田は⼭岸尚美に事件の全貌を明かします。

そして⼭岸尚美は事件の全貌を知ってしまったがゆえの
ミスを起こしてしまいます。
 
 
が、これにより新田は第4の事件の犯人の標的は2人だと気づきます。
 
 
そして、その標的2人の関連に気づかれると、自分が犯人と特定できてしまう
そのために第1から3の事件と第4の事件が関連があるように見せかけた。
 
 
つまり、第4の事件と本当に関係のある、もう1つの事件が存在するのでは?

能勢は最近の都内、もしくは近郊の未解決の事件を捜査し始めます

結婚式前⽇

新郎から連絡があり、新婦と共に前⽇から宿泊したいとのこと。

ホテルはそれを受け⼊れ、警戒も強まります
 
 
そして新婦宛に友⼈からワインが届きます。

不審に思った⼭岸尚美が確認すると、
その友⼈は何も送っていないことが判明
 
 
鑑識に回すと、コルク栓に針のようなもので⽳を開けた形跡が!

何らかの薬剤が混⼊している可能性が⾼い
 
 
その夜、捜査を進めていた能勢がホテルに戻ってきます

ある強盗事件が怪しいとのこと。

ある強盗事件

被害者:松岡⾼志(男性)

同棲中の⼥性が亡がらを発見

解剖の結果、右の⾜⾸に注射の痕

ワインへの薬物の混⼊と類似している。
 
 
被害者、松岡は去年、上京の記念にこのホテルに泊まっている

能勢は、松岡が学⽣時代にいた名古屋に⾏くことに
新⽥は、松岡が泊まった正確な⽇にちを調べる
 
 
また、能勢は、ワインに薬物は命を絶つためのものではないと推察した。
というのも、暗号は、犯行の日にちと、犯行現場の緯度と経度で成り立っている。

ワインを飲む日にちは特定できないので、暗号自体が狂ってしまうからだ。

結婚式当日

松岡が宿泊した⽇は判明

新田はその日、何か変わったことはなかったかホテルのスタッフに聞くが、
思い当たらない。
 
 
名古屋の能勢からの追加情報

松岡は学⽣時代、芝居に夢中だった。
芝居仲間に聞きこみ中とのこと。
 
 
結婚式はスタート
 
 
⼭岸尚美が怪しい⼥性を⾒つける。

新⽥が確認すると、⼥装した男性だった。
エスカレーターで去っていく。

新⽥は捜査員に報告。

職務質問をかけたところ、逃亡!

拘束すると、彼は頼まれただけのバイトだった。
ワインのことも知らない。

が、手紙を預かっていた。

そこには、これまでと同様の暗号が!
 
 
能勢からのメールの新情報
松岡の所属していた劇団の写真だ。
 
 
新⽥はその写真の⽼婆役の⼥性に⾒覚えがあった。

能勢に確認を依頼し、⼭岸尚美を探す
 
 
通りがかったホテルのスタッフに聞くと、

⽚桐瑶⼦、あの視覚障害者の夫を持つ女性
再びホテルを訪れ、今接客中とのこと

マスカレードホテルの結末と犯人!

⼭岸尚美と⽚桐瑶⼦

⼭岸尚美は再び⽚桐瑶⼦から、おかしな依頼をされながらも従っていました。

が、気が付けば両⼿⾜を拘束されていた!
 
 
新⽥も事態に気が付いていました。

能勢の情報

写真の⼥性は⻑倉⿇貴

⽼婆に扮するのが得意
 
 
薬学部を卒業していて、薬物の扱いに⻑けている

新田は⽚桐瑶⼦=⻑倉⿇貴の部屋を探す
 
 
が、⼭岸尚美は彼⼥のために5つの部屋をおさえてあった。
場所はバラバラ
 
 
急いで⼀部屋ずつ当たっていく
 
 
⽚桐瑶⼦=⻑倉⿇貴は⼭岸尚美に
自分のことを覚えているか、と聞く

尚美はすぐには思い出せない。
⼀年前の写真を⾒せられて気が付く。

ホテルに宿泊している男性と遠距離恋愛をしている。
驚かせるため、彼に⾃分のことを教えずに通してほしい

 
 
そして尚美が「空きの部屋がない」と嘘を付き、追い返した女性だった。
 
 
⻑倉⿇貴は当時、松岡の⼦どもを妊娠
責任をとらせるため、どうしても宿泊中の松岡に会う必要があったのだ。

その日、部屋も空いておらず、⻑倉⿇貴は寒い中を外で過ごすことになった。
そして、それが原因で流産した。

⽚桐瑶⼦=⻑倉⿇貴が手袋をしていたのは、指紋を残さないためだったのです。
 
 
新⽥が⼆⼈のいる部屋のドアを開けた!
 
 
⻑倉⿇貴は尚美をバスルームに連れ込んでいたため
新⽥は気が付かず、ドアの閉まる⾳がする。
 
 
⻑倉⿇貴が注射器を構える
 
 
そこに新田が入ってきた!
⻑倉⿇貴を取り押さえる

わざとドアを閉めたのです
 
 
新田が、ここに尚美がいると気づいたのは

ベッドが乱れていた

かすかに尚美のいい匂いがした
 
 
ずっと⼀緒に働いてきたからこそなんですね。

その後

⼥装した男性が持っていた⼿紙の暗号は
第1の事件の犯⾏現場を⽰していて、

ループになって完結していました。
 
 
尚美は助けてもらったお礼として、
新⽥と能勢をホテルの最上階にあるフレンチレストランに招待します。

途中で能勢に電話が⼊り
娘の彼⽒が遊びに来るからと帰ってしまいます。
 
 
新⽥は、能勢が気を利かせてくれたことに気が付いています。
 
 
そして⼆⼈で、東京の夜景をバックにグラスを傾けるのでした。

マスカレードホテルの犯人役は?

マスカレードホテルのあらすじを簡潔に!結末と犯人!犯人役は?mas1

ところで犯人役を演じるのは誰でしょう?

登場人物

新⽥浩介(⽊村拓哉)

⼭岸尚美(⻑澤まさみ)

警察官

稲垣(渡部篤郎)         本宮(梶原善)
能勢(⼩⽇向⽂世)      関根(泉澤祐希)
尾崎(篠井英介)
 
 

ホテル・コルテシア東京の関係者

川本(⽯川恋)           ⽥倉(鶴⾒⾠吾)
久賀(東根作寿英)      藤本総⽀配⼈(⽯橋凌)
 
 

宿泊客

⽣瀬勝久       笹野⾼史
菜々緒          前⽥敦⼦
濱⽥岳          ⽥⼝浩正
橋本マナミ      松たか⼦
宇梶剛⼠         勝地涼
 
 
これはもう、松たか子さん以外にないでしょう!
老婆に扮したりも、できなくてはいけないですから。
 
 

関連記事はこちらから
↓ ↓ ↓

「モンローが死んだ日」の結末は?ドラマのラストと最終回を予告!
トレース科捜研の男の結末!真野の陰惨な過去とは?漫画から暴露!
孤高のメスは実話?モデルはいる?登場人物とストーリーの結末!
QUEEN[1話]竹内結子のかわいい衣装!指輪にイヤリングのブランドも!
QUEEN[1話]⽔川あさみの衣装!モテるファッションブランドは?
QUEEN[1話]⻫藤由貴のかわいい衣装!財布に指輪!コートにピアス
家売るオンナの逆襲[1話]北川景子が着用の洋服!アクセサリーも!
グッドワイフ[1話]常盤貴子の衣装!ワンピースやブラウスなどの洋服
グッドワイフ[1話]⽔原希⼦の衣装!コートやシャツも!
グッドワイフ[1話]賀来千香子の衣装!洋服やファッションのブランド!
SUITS/スーツの鈴木保奈美の衣装がかっこいい!ブランドはどこ?

マスカレードホテルのあらすじを簡潔に!結末と犯人!犯人役は? まとめ

いやぁ、読み応え、見応えあるストーリーですね。
内容知らないまま、映画を見たほうが、面白かったかな、とも思います。

では最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
 
Sponsored Link