浮世の画家(渡辺謙主演)イシグロ原作のあらすじとネタバレ!モデルは

カズオ・イシグロ原作の「浮世の画家」がドラマ化されます。
主演渡辺謙さん、その長女役に広末涼子さんです。

ジーンとくるドラマ、そのあらすじを!
 
Sponsored Link

浮世の画家(渡辺謙主演)イシグロ原作のあらすじとネタバレ!

舞台は終戦から数年経った日本。

戦時中に有名だった画家
かつて弟子たちにも尊敬されていた​小野益次(おのますじ)は

時代の考え方の変化とともに、批判を受けるようになっていた。
 
 
これは戦時中によくあったことのようで、

当時の画家は戦争を奨励するような絵
書かなくてはならない風潮があったそうです

そしてその風潮の中で評価を受けていた画家は、
戦後は戦犯にも問われかねないような状況に変わったそうです。
 
 
穏やかな日常を過ごしていた小野益次(おのますじ)。
が、次女の縁談が、破談する。

長女、節子の口から「破談は、小野の戦争中の過去のせいではないか」と言う
言葉が出る。
 
 
戦争に加担した過去
同僚や師を裏切り、切り捨てた過去。

過去の記憶をたよりに、
小野は昔の知り合いたちを訪ねていく
 
Sponsored Link

黒田(萩原聖人)

小野の​一番弟子だった。
画家として成長するに従い、師匠の小野に反発していく。

戦時中の価値観に合った仕事をしていた小野。
それに反発する黒田。

黒田は「非国民」とされ警察に捕まった
 
 
小野は黒田の居場所を突き止め、会いに行ったが
会ってもらうことすらできなかった。

信太朗​(佐藤隆太)

できがいいわけではないが、
コツコツと作画に取り組む男だった。
 
 
小野を尊敬していたが、戦後の就職のため、
戦時中の自分の仕事を否定する
ようになった。

そのため師匠である小野を避けるようになった。

松田という男

小野の才能を見抜き、小野に近づく。
彼に影響され、

小野は
「芸術によって世の中を変えていきたい」
という考えを持つようになる
 
 
若かった小野は、自身の師匠から追い出され、
がむしゃらに自分の道を進むことになる

そして小野は名声をほしいままにし、
多くの弟子を抱え、
政界での権威も得ていった。

自分の過去と向き合ってみて

自分の過去を振り返るうちに、

小野は
自分がやってきたことが、

今の世の中には合わない
戦時中の価値観に沿ったものである。
 
 
それでも、自分ががむしゃらに頑張った
その仕事の経験は

素晴らしいものだったと受け入れた。
 
 
自分は自分が思うほど
大きな存在ではなかったのだ。

価値観が変わったからといって、
自分の評価を変える必要はないのだ
と気づいた。

浮世の画家(渡辺謙主演)イシグロ原作のモデルは

特にモデルはいないようですが、
フランスで著名だった画家、藤田嗣治

一時期、日本で受け入れてもらうために
戦争を奨励するような絵を書いたそうです。
 
 
彼の本来の画風とは全く異なるものです。

その当時の多くの画家が、同じような選択を迫られ、
それを受け入れていたのかもしれません。
 
 

関連記事はこちらから
↓ ↓ ↓
白い巨塔(岡田准一主演)の相関図!あらすじと結末は?最終回ネタバレ
砂の器(中島健人)原作のあらすじやネタバレにラスト!出演者や相関図
常盤貴子(グッドワイフ)のかわいい髪型!くせ毛におでこ出し!ボブも
東野圭吾「ダイイング・アイ」のあらすじとネタバレ!瑠璃子の正体と結末
3年A組の命をかけた最後の授業!名教師!柊(菅田将暉)の刺さる名言集
孤高のメスは実話?モデルはいる?登場人物とストーリーの結末!
二つの祖国(小栗旬主演)の原作のあらすじとネタバレ!実話とモデルは?
全日空61便のハイジャック!2人の機長の秘策と英断!犯人の素顔は?
女装して脱獄は成功?メキシコの刑務所のドワイト!妻や子供と職業は
マスカレードホテルのあらすじを簡潔に!結末と犯人!犯人役は?
三科光平(オーシャントーキョー)の服!香水や時計のブランドは?
グッドワイフ[1話]常盤貴子の衣装!ワンピースやブラウスなどの洋服
QUEEN[1話]竹内結子のかわいい衣装!指輪にイヤリングのブランドも!

浮世の画家(渡辺謙主演)イシグロ原作のあらすじとネタバレ!モデルは まとめ

この戦前戦後の価値観の違いは
多くの人に影響を与えています。

私のかつての学校の先生(彼はもう高齢でしたが)、
彼は元々は剣道が強く、
まさに日本男児みたいな方だったそうです。
 
 
私が会った頃は、ろくに話もせず、
ただ教壇に立って棒読みのような授業を行う、

生命感を全く感じない方でした。
 
 
戦前戦後の価値観の変化で、
すっかり自分を見失ってしまった
方だそうです。

生きている世界の常識が一変してしまうと、
そこを乗り越えていくことって大変なんですね。
 
 
でもこの小説の主人公は、
無事に自分の居場所を見つけられたのだと思うので、
良かったと思います。

では最後まで読んでいただきありがとうございました
 
Sponsored Link