孤高のメスを最後に滝沢秀明が引退!ドラマのラストとリンクする?taki2
 
 
滝沢秀明さんの最後の勇姿!
引退前の最後のドラマ主演です。

見ものですよね❤

ではそのドラマのラストと、滝沢秀明さんの引退について書こうと思います。

Sponsored Link

孤高のメスを最後に滝沢秀明が引退!

滝沢秀明さんといえばまだまだ旬な役者さん(&歌手)なのに、
引退してしまうのはもったいないですよね。

あの美貌と演技力!
 
 
ですがジャニー喜多川さんの後継として、
今後はマネージメントに専念されるそうです。

たろうたろう

なぜ、マネージメント?

滝沢秀明さんは、かつて
若くしてジャニーズJr.のリーダーに抜擢され
総勢120人のスケジュールを管理していた実績があるそうです。
 
 
当時「小さなジャニーさん」と呼ばれていたとのこと。
 
 
後進の育成力も強く

Kis-My-Ft2やA.B.C-Zなどは
滝沢秀明さんの指導のおかげで

デビューまでこぎつけられた
とも言われています。
 
 
そのリーダーとしての手腕を買われたのでしょう。
 
 

たろうたろう

もったいないけど、もったいなくないんだね

Sponsored Link

孤高のメスのドラマのラスト

このドラマの主人公、当麻鉄彦(滝沢秀明)は、
アメリカ ピッツバーグ大学で修行をした 敏腕外科医
 
 
町長の依頼で、地域医療の底上げのため、地方の町の病院に赴任する。
 
旧態依然とした病院の⾵⼟や、院内で幅を利かせる医⼤の派遣医師

が、当麻は患者のことだけを考えてメスを握り続ける

やがて周囲には、当麻に信頼を寄せる人々が出てくる
 
 
そんな折、町の病院の改⾰に奮闘していた町長が突然倒れる

⾃覚がないまま、末期の肝硬変となっていた。
残された⼿段は、⽣体肝移植のみ。
 
 
そこに交通事故で脳挫傷を負った青年が搬送されてくる
脳機能は完全に失われ、再生不能だった。
 
 
息⼦は⼈の役に⽴ちたいと思っているはず」との母の想いに
当麻は⽣体肝移植手術を行うことを決意する
 
 
だが、当時(1989年)日本では、まだ⽣体肝移植はタブーとされており、
刑事事件として告訴される可能性も高かった。
 
 
手術は成功

当麻は告訴をされることはなかった。
が、自ら病院を去っていく

孤高のメスを最後に滝沢秀明が引退!ドラマのラストとリンクする? まとめ

なんか、惜しまれながら去っていくのが、
まさに滝沢秀明さんの引退とリンクする感じがあります。
 
 
映画のラストでは、この当麻医師、
この病院を去ってからも地方の病院で活躍していることが伺えます。
 
 
滝沢秀明さんも新たな職務で、いずれ「ジャニー喜多川」ではなく
「ジャニー滝沢」と呼ばれるまでになってほしいですね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
 
Sponsored Link