グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース
 
グランメゾン東京の魚料理の新メニュー。

鰆(サワラ)をレアにローストした、
秋から冬にかけてのおすすめの一品。

おいしそうでしたよね。

では、その料理のレシピや 用語の解説を!
 
Sponsored Link

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト

鰆(サワラ)は大きいものが美味しいとされていて、
6〜8キロの鰆を使います。

秋から冬にかけての産卵前の脂の乗ったメスがおいしいそうです。
1日置いて油を回して旨味を凝縮させる。

 
 
グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

塩とアネットをふります。
 
 
アネット:セリ科の植物。甘い香りのハーブ
英語ではディル(dill)、日本語では フヌイユ 同様ウイキョウと呼ばれる。
 
 
1枚ごとに切り分けるのではなく、
大きな塊を焼いて、そのあと切り分けることで、

焼き目による香ばしさと、
断面の部分の素材の味や香りの両方を楽しめます。

 
 
グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

中はまだレアな状態に
 
Sponsored Link

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]水晶文旦のソース

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

ソースには、水晶文旦(鰆と同じく旬の果物)を使います。
 
 
そこに少量のニンニクとセロリのみじん切り、

フヌイユ、天然の茸、
フィーヌゼルブという香草を4種類くらい刻んだものを
オリーブオイルと混ぜています。

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース
 
 
フィーヌゼルブ:フランス語で、みじん切りのハーブという意味(Fine herb)。

フヌイユ:セリ科の植物。英語でフェンネル(Fennel)、フランス語でフヌイユ(Fenouil)、イタリアではフィノッキオ(Finocchio)と呼ばれるハーブ。
日本語ではウイキョウ(茴香)

トランペット茸:トランペットのような形をしたキノコです.

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソースの付け合わせ

グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース
 
付け合わせはラディッキオ・タルディーボという野菜。
 
 
グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

芯の部分をさっと炒めて、

トマトとケッパー、赤ワインビネガー、
フュメドポワソンを加え
、上に水菜をかざる。
 
 
フュメドポワソン:魚を使った出汁

ちなみに
フォン・ド・ボー:子牛の骨からとる出汁
フォン・ド・ボライユ:鶏ガラを使った出汁

 
 
グランメゾン東京[6話/料理レシピ・用語]鰆のロースト水晶文旦のソース

出来上がり!
 
Sponsored Link

関連記事はこちらから
↓ ↓ ↓
グランメゾン東京[3話レシピ・用語]鹿肉のロティとコンソメ!メインは
グランメゾン東京[2話レシピ]抹茶クリームチーズパスタ・生ハムのせ
グランメゾン東京[2話レシピ]ジャガイモのロースト明太子とトリュフ風味
グランメゾン東京[1話~最終回]あらすじネタバレ!キャストに相関図
グランメゾン東京/久住(中村アン)は敵?正体と目的!父・壮次郎は何者?
グランメゾン東京/うにとナッツの裏切り者!京野が犯人?借金と江藤
「きのう何食べた?」が面白い!全話あらすじとシロさんのレシピ一覧!
凪のお暇ドラマの配役と登場人物!全話あらすじネタバレとレシピ一覧
グランメゾン東京/ナッツ混入事件の犯人と黒幕!相沢(及川)と丹後?理由は
グランメゾン東京の原作は小説?漫画?二ツ星の料理人の脚本パクリ?
グランメゾン東京/鈴木京香の衣装!ワンピースやシャツ・バッグや靴
グランメゾン東京/木村拓哉の衣装!シャツやスーツ・帽子にバッグや靴
グランメゾン東京/キムタク(木村拓哉)の髪型!オーダーとセット方法
グランメゾン東京/中村アンの衣装!ジャケットにワンピースやバッグ
グランメゾン東京/冨永愛の衣装!ワンピースやバッグ・ベルトにピアス