黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ!結末は?
 
江戸川乱歩の「黒蜥蜴」(くろとかげ)が、りょうさん主演で
NHKのスペシャルドラマになります。

これまで何度も映像化・舞台化されている名作です。

かなり古い作品(1934年)なので、

小説自体はトリックなどが、
かなりシンプルに感じると思います。
 
 
ですが、さすが名作
それでも、つい読みふけってしまいます!

ドラマでは近未来を想定しているとのこと。

では、その「黒蜥蜴」のあらすじとネタバレを!
 
Sponsored Link

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ!結末は?

※ここでは、原作の小説をもとに、
今回のドラマで分かっている範囲を加えて、
書いていきたいと思います。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 大富豪の令嬢早苗

高級ホテルに滞在中の大富豪、
岩瀬庄兵衛(中村梅雀)とその娘、早苗(福本莉子)。

そして、探偵、明智小五郎(永山絢斗)は
岩瀬庄兵衛から娘、早苗の身辺警護を依頼されていた

 
 
早苗には誘拐の予告が届いていたのだ。

早苗をかくまうと名乗り出た、
ホテルオーナーの緑川婦人(りょう)。
 
 
彼女こそが、怪盗・黒蜥蜴だった。
 
 
宝石好きの緑川夫人と、宝石商の岩瀬は顔見知りだった。
娘の早苗さんともすっかり打ち解けた緑川夫人。

早苗のスキを狙って、
彼女を誘拐することに成功した。
 
 
麻酔薬で眠らされ、猿ぐつわと手足を縛られた彼女は、
大きなスーツケースに入れられた。
 
 
黒蜥蜴の部下、雨宮(吉村界人)が、そのスーツケースを持って、
ホテルを出て行く。

 
 
岩瀬はまだ階下で明智と話をしている。

黒蜥蜴は、岩瀬の部屋に、早苗の服を着て入り、
早苗を装いベッドに眠る。

そして、岩瀬が常用している薬を、
強い睡眠薬に入れ替えておいた。
 

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 誘拐

 
戻ってきた岩瀬。

眠っているのは、
娘の早苗と信じている。

岩瀬は睡眠薬でぐっすりと眠ってしまう。

そこに黒蜥蜴から警告文が届く。
「今晩零時早苗さんを頂戴しに伺います」

あと2時間だ。
 
 
急ぎ、岩瀬の部屋に向かった明智。
だが、早苗は、無事に眠っている。

明智はそのまま、部屋で監視することにする。
 
 
何かのメッセージか届いたという岩瀬の部屋に、
緑川夫人が様子を見に来る。

緑川夫人とその部屋で話しているうちに
時計は0時を回った。
 
 
何も起こらない。
 
 
が、そこに眠っていたのは、早苗ではない。
人形の頭だった!
 
 
黒蜥蜴は早苗のふりをしてベットに入り
岩瀬が眠っている間に、人形の頭に入れ替え、

自分は出て行ったのだ。
 
 
パニック状態になる岩瀬の部屋。

「明智さんの負けね」という、緑川夫人。

だが、明智に電話が入る。
 
 
「いえ、私の勝ちです」という明智。
 
 
雨宮が捕まったのだ。
スーツケースの中身は確認され、雨宮は逃走。
 
 
そして、黒蜥蜴は目の前にいる。

警察が入ってくる。
が、黒蜥蜴は銃を向ける。
 
 
明智が持っていた銃だ。

人形の頭で、混乱状態になった時に、
抜き取っていたのだ。
 
 
黒蜥蜴は部屋を出、部屋のドアにロックをかける。

明智たちは部屋に閉じ込められた。
 
 
明智は、緑川夫人を確保するように、電話で指示を出す。
 
 
だが、緑川夫人は、男装し、
宝石類はすべてポケットにしまい、

堂々と表玄関から出て行った。
 
 
岩瀬と早苗は自宅に戻った。
自宅には厳重な警備体制が敷かれた。

明智も岩瀬の家に滞在した。
 
Sponsored Link

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 桜山葉子

ある夜、ショーウィンドウを見ながらブラついている女性がいた。

桜山葉子という。

葉子は、上司と喧嘩をして、今日、職を失った。
両親は亡くなっており、天涯孤独だ。
 
 
「これからどうしよう」と思っている時に、
ある老人が声をかけてきた。

「どうじゃな、失業の味は?」

そしてその老人は、葉子に関する
ありとあらゆることを知っていた。
 
 
「わしに雇われてくれますか」という。

月給はこれまでの5倍。
住む場所も、食事も、服も全て用意する。

そして仕事の内容は、ただ遊んでいればいいと言う 。
 
 
妙な話だった。
が、切羽(せっぱ)詰まっていた葉子は、それを引き受けることにした。
 
 
タクシーに乗せられ、
葉子はある小さな部屋に連れて行かれる。

車中で、この仕事について、
ある程度説明を受けていたので、葉子はもう不安は感じなかった。
 
 
その部屋で、着替えをさせられる。
老人は階下で待っていた。

すっかり、きれいな服に身を包んだ葉子

部屋を出ると、車が待っていた。
 
 
夜10時、車はライトを消し、
ある大きな邸宅の通用口らしい場所に着いた。
 
 
言われていた通りに、葉子は急いでその通用口の中に入る
葉子と入れ替わりに、一人の女性が、車に乗り込む。

一瞬、その人の顔が見えた時に、葉子はゾッとした。

もう一人の自分がいたのだ。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー ソファー

厳戒態勢がしかれている岩瀬の家では、

早苗は、自分の部屋に閉じ込められているような状態だった。
一歩も外には出ない。

すっかり、ふさぎこんでいる様子だ。
 
 
その日、 明智は用事があり、外出していた。

早苗を心配した岩瀬は、
「そうだ。あれを見せてあげよう」と思いつく。

早苗が選んだ生地で、作った椅子やソファーが届いたのだ。
 
 
早苗を部屋から連れ出し、応接間に連れて行く岩瀬。

「まぁ、きれい!」とやっと早苗は笑顔になった。

ソファーに座ってみる
「ちょっと固いようですわ」

「最初は固いものなんだよ」
 
 
そこに、岩瀬に電話が入っていると、
小間使いがやってくる。

岩瀬は、早苗の様子を見ておくように
指示することを忘れなかった。
 
 
早苗は、明るい気分になり、ピアノを弾いたりしていた。

そろそろ部屋に戻ろうと振り返った時、
想像もしないものを見た。
 
 
男が立っていた。
もじゃもじゃの髪、無精髭、汚い服。
 
 
見張りが立っているドア以外、
部屋に入るスキはない。

男は素早く、早苗の口にハンカチを当てた。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 消えた早苗

ピアノの音が止んで30分も経つのに
早苗が出てこない。

 
 
婆やが、応接間を覗き込んでみた。

変な男がソファーに寝そべっていた。
 
 
見張りはずっと、ドアの外で見張っていた。
誰かが中に入るなど、あり得ないことだ。

だが、確かに、汚らしい男がそこにいた。
酔っ払っているようだ。
 
 
しかも、ソファーに吐いている。

ひどい匂いだ。
 
 
男は留置所に入れられた。

岩瀬夫人は家具屋に連絡し、
ソファーを作り直してもらうよう手配をした。

 
 
だが、早苗が見当たらない。
 
 
大急ぎで家中を探したが、
忽然(こつぜん)と消えてしまったのだ。
 
 
戻ってきた明智は、今日届いた椅子と、
早苗が消えたことに何か関係がある気がした

「人間椅子…」
 
 
いきなり応接間に向かった明智。

「ソファーはどこですか!?」

「つい今しがた、家具屋が取りに来ました」
 
 
急いでその家具屋に電話をする明智。

家具屋は
「遅くなってすいません。今伺いますので」 という。

まだ取りに来ていないのだ。
 
 
ソファーの中には、あの酔っ払い男が入っていた。
酔っ払ってはいなかったのだ。

嘔吐物(おうとぶつ)は事前に用意していたのだろう。

そして、今度は自分の代わりに、
気を失った早苗をその中に入れたのだ。

 
 
そして、持ち去った。
 
 
更に、酔っ払い男は、留置所から逃げてしまっていた。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー エジプトの星

早苗が消えて一日たった。
黒蜥蜴から手紙が入る。

「『エジプトの星』を渡せば早苗を解放する 」という内容だ。
 
 
『エジプトの星』は国宝とも言える由緒あるダイヤ。

巡り巡って、現在、岩瀬商会が所有しているのだ。
 
 
受け渡し場所は通天閣の頂上の展望台。
 
 
岩瀬はそこに向かった。

冬の展望台には、他には誰もいなかった。
そこに黒蜥蜴が現れる。

岩瀬は『エジプトの星』を渡した。
 
 
「本当に娘は無事に返してもらえるのか?」

「そりゃもう間違いなく。では、お引取りを」
 
 
周囲の建物からは、黒蜥蜴の部下たちが、
こちらの様子を見張っている。

何かおかしな事が起これば、早苗の命はない。
 
 
岩瀬はひとり、塔を降りた。
 
 
黒蜥蜴は売店の夫婦に声をかける。
尾行されることを恐れてだ。

「先ほどの男に脅されている。多分、塔の下で、私を待ち伏せていると思う。」

と言って、無理やり金を渡し、
売店のおかみさんと服を着替える。
 
 
そして、おかみさんにはそのまま展望台に立って
もらうようにした。

売店の旦那と一緒に塔を降りる。
 
 
人目を避けながら、小走りに歩く。
その先に車が待っていた。

男にお礼を言って、車に乗り込む黒蜥蜴。
 
 
売店の旦那は、急いで通りに出るとタクシーを止めた。

「あの車を追ってくれ」
 
 
黒蜥蜴を乗せた車は運河のそばで止まった。

すると車はUターンし、「空車」という表示を出して走ってきた。
中には誰もいなくなっていた。
 
 
目の先に、一艘の船があることが気になった明智。

運転手に金を渡し、ヘッドライトを一度消し、
船の窓に向けて、ヘッドライトを当てさせた。

それと同時に、明智が大きな石を運河に投げ込む 。

運転手が「助けてくれ~!!!」と大声を上げる。

窓からこちらを見た顔、黒蜥蜴だ。
 
 
向こうはヘッドライトでこちらが見えない。

敵は海路を使おうとしている。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 船

翌未明、大阪を出帆(しゅっぱん)した、
小型の貨物船があった。

 
 
外はただの真っ黒な貨物船。
だが、中はまるで豪華客船だった。
 
 
その中に一つ、柄の違うソファーがあった。

3日前、岩瀬家に届けられた、あのソファーだ。
 
 
船の中でおかしなことが起こり始める。

早苗の部屋から、人の声が聞こえる。
早苗には猿ぐつわがされていて、話すことは不可能。

コックが、調理してあった鳥が消えたと言う。
 
 
「明智だ。明智が船内にいる」

さんざん船内を捜索したが、何も見つからない。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー ソファー

黒蜥蜴は、あのソファーの上にぐったりと座った。

ふとソファーから鼓動を感じる気がした。
 
 
どこにも見つからない。

あとはこの場所だ!
 
 
「明智さん」とソファーに声をかける黒蜥蜴。
 
 
「君が作った仕掛けが、とても役に立ったよ」と明智が答える。

「どうしてこの船が?」

「君のそばにくっついていたら、自然とここに来たんだよ」
 
 
明智は、通天閣の売店の旦那が、自分の変装だったこと話す。
 
 
そこに、黒蜥蜴の部下の潤一が入ってくる。

黒蜥蜴は潤一に向かって唇に指を立て合図をする。

明智と話をしながら、紙とペンをとる。
 
 
”明智がこのソファの中にいる。早くみんなを呼べ。”

潤一と5人の船頭たちがやってきた。
ソファから立ち上がる黒蜥蜴

ソファーをロープでぐるぐる巻きにした。
 
 
「さあ、みんな。その椅子を担ぐんだ。 そして甲板へ」

甲板の上は星ひとつない闇夜だった。

ドブン!という大きな水の音。

明智は海の藻屑(もくず)となって消えた。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 明智はいない

黒蜥蜴は30分も海を見つめていた。

そして、早苗の部屋に向かった。
 
 
「あなたにお知らせしなくてはならないことがあるの。

明智は亡くなったわ。あの椅子の中に入ったまま、
海に沈んだの。もうあなたを救ってくれる人は誰もいないのよ」
 
 
明智が亡くなったということが、
自分にとって何を意味するのかは、早苗にはハッキリしていた。

とうとう泣き出す早苗。

「およしなさい。泣くなってみっともない!」
といった黒蜥蜴の頬にも涙が流れていた。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 地下美術館

翌日の夕暮れ。船が港に着いた。
ボートが下ろされ、黒蜥蜴、早苗、潤一の3名が上陸した。

早苗は目隠しをされている
 
 
3人は、破れたガラス戸を開け、
廃工場のような建物に入っていく。

床板がスーッと開く。
その下のコンクリートのドアが開く。

すると、地下通路が出てきた。
 
 
3人が地下通路に降りて行くと、
ドアと床板は、また元のように閉じた。

あとはまた、ただの廃工場だ。
 
 
目隠しを外された早苗。

そこには豪華なシャンデリアが下がり、
陳列棚の中にはありとあらゆる形の宝石が輝いていた。

あまりの美しさに早苗はアッと感嘆の声を上げた。
 
 
黒蜥蜴は早苗に、中を案内する。

宝石以外にも、様々な美術品が並んでいる。

博物館や美術館から本物を盗み、模造品をとすり替え、
本物はこの美術館に収めてあるのだと言う。

 
 
その先には、蝋人形が置かれていた。

白人女性、黒人男性、日本人の男女。
その人形はどれも美しかった。

いや、人形ではない。人間の剥製(はくせい)だ!
 
 
「さあこちらへいらっしゃい。
この先にはもっと素晴らしいものがあるのよ」

太い鉄格子に囲まれた檻 (おり)があった。

中には全裸の男性が入れられている。
美青年だ。

「ここから出せ!」
 
 
「今日はあなたにお嫁さんを連れてきてあげたのよ。
どう?美しいお嬢さんでしょ」

早苗はガクガクと震え始めた。
 
 
更に、その先には水槽があった。
そこで、人を溺れさせるのだ。

早苗はとうとう、気を失ってしまう。
 
 
気が付くと、目の前には鉄格子があった。

あの青年が入れられている檻 (おり)にやはり全裸で入れられていたのだ。

恥ずかしさのあまり、縮こまる早苗。

だが青年はいい人だった。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 不穏な出来事

また、おかしなことが起こり始める。

船のボイラーマンの松公が、行方不明だという。
 
 
苛立ちの中、とうとう黒蜥蜴は、早苗を水槽に入れることにする。

潤一に命じる。
 
 
だが、黒蜥蜴が見に行った時、
水槽に入っているのは、人間剥製の一人だった。
&nbsp

潤一を探すように部下に伝える。

ニュースでは、宝石商の令嬢が無事保護されたと伝えている。
 
 
突然、黒蜥蜴の後ろから「マダム」という声が聞こえる。

振り返ると潤一だ。
 
 
「何をしているのか」と怒る黒蜥蜴に、

「あいつが何か知っているかも」と
檻の中の青年のところに行く。

檻の中には早苗はいない。

青年はぐったりしている。
 
 
だが、それはあの美青年ではなかった。

潤一だ
 
 
目の前にいる潤一と全裸で倒れている潤一。
 
 
倒れている潤一が目を覚ました。

「こいつはボイラーマンの松公だ!」という。

だが違った。
 
 
明智だ。
 
 
ボイラーマンの松公になり代わり、
松公をあのソファーに閉じ込めていたのだ。

だが、松公はそのソファーごと海に落とされてしまった。

その時、明智はクローゼットの中に隠れて話していたのだ。

黒蜥蜴(江戸川乱歩)2019りょう主演・ドラマのあらすじネタバレ ー 明智と黒蜥蜴の結末

黒蜥蜴は、明智に銃を向ける。
 
 
だが、発砲しても、弾は出ない。

明智が抜いておいたのだ。
 
 
船に乗っていた令嬢は替え玉。

あの老人(明智)が見つけた、早苗にうり二つの、桜山葉子だった。
 
 
黒蜥蜴の部下が明智に襲いかかってくる。

だが、人間剥製たちは、いつのまにか、警察官にすり替わっていた。
 
 
全員が、黒蜥蜴とその部下たちに銃を向ける。
 
 
だが、その前に、それを察知した黒蜥蜴は逃げ、自分の部屋に逃げ込む。
 
 
それを追う明智。

黒蜥蜴は、すでに毒を飲んでいた。

求められるまま、彼女の額にそっとキスをする明智。
 
Sponsored Link

関連記事はこちらから
↓ ↓ ↓
犬神家の一族の内容と結末!事件のその後は?犯人はスケキヨか?
犬神家の一族の珠世や静馬の出生の秘密!なぜ遺産を?本当の家系図!
悪魔の手毬唄2019のキャストと相関図!トリックとネタバレ!歌詞は?
松本清張「疑惑」米倉涼子主演ドラマの結末!原作のあらすじとネタバレ
松本清張「疑惑」米倉涼子のかっこいい衣装!ジャケットにネックレスも
砂の器(中島健人)原作のあらすじやネタバレにラスト!出演者や相関図
白い巨塔(岡田准一主演)の相関図!あらすじと結末は?最終回ネタバレ
ニッポンノワールは漫画が原作?[1話~最終回]あらすじネタバレと出演者