火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」あらすじとネタバレ

9月29日の火村英生の推理2019スペシャル「 ABC キラー」放送後に

Hulu限定で火村英生の推理2019「狩人の悪夢」が配信されます。

前編は、9月29日深夜から、
後編は、10月6日深夜から配信です。

その、あらすじとネタバレを書いていきたいと思います。

では、前編・後編とも、お楽しみください!
 
Sponsored Link
 

火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」 ー あらすじとネタバレ[後編(狩の終焉)]

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 大泉の遺体

付近の空き家を捜索したところ、

床下収納で大泉の遺体が発見された。

遺体は左手が切り落とされていた。
 
 
大泉は、クビを締められて亡くなっていた。

しかし、首に残っている跡は前面のみ。
ロープのようなものを使ったとしたら、横にも跡が残る。

火村が凶器と考えたのは、 獏ハウスにあった弓。
それを首に押し付けて、窒息させたのだ。
 
 
そして、ズボンのすそに血痕がある。

もし、その血が沖田のものであったとすれば、
沖田が亡くなった後に、大泉は手にかけられたことになる。

 
 
そして、二人の携帯電話はなくなっていた。
どちらも、犯人が持ち去ったと思われる。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 江沢 鳩子

夜、部屋へ戻ろうと席を立った火村とアリス。

江沢がアリスに声をかける。
「明日の朝、一緒に散歩しませんか?」
 
 
江沢が携帯電話で誰かと話をしている。

「気づかれていない。」

「それは、私が。」

「ええ、二人同時に。」

「明日必ず。」
 
 
翌朝、二人が散歩しているすぐ後に、火村もついて歩いている。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 沖田の古い携帯電話

付近に、捜査本部が設置された。

やはり凶器は弓

大泉が命を落としたのは、沖田が亡くなった後、
とわかった。
 
 
また、沖田の自宅から、古い携帯電話が見つかったという。

その携帯電話から、沖田と2年前に亡くなった白布施のアシスタント、
渡瀬のメールのやり取り
が見つかった。
 
 
刑事は、火村とアリスに、メールの内容を印刷した紙を渡す。

短いメールのやり取り。

そして最後に、
「つらいことを思い出してしまうので」 という渡瀬と、

「前のような長いメールのやり取りをしたかった」という沖田。

そして、どちらのメールの最後にも「カウダカウダ」という言葉が…

それきり、メールは途絶えている。
 
 
そして、渡瀬は高校生の時に、自分の父の命を奪っていたことがわかる。

「渡瀬」というのは母方の苗字。
本当の苗字は「母恋(ぼこい)」 だった。

正しくは、父が母を手にかけ、
母を手にかけた父と揉み合い、刺してしまったのだ。
 
 
正当防衛で、未成年だったため、名前は隠されていたが、
苗字がどこからか漏れてしまった。

変わった苗字、しかも事件の内容とあまりに合致していたため、
ネットで騒がれてしまった。

そのため、高校も中退し、「渡瀬」という名字に。
 
Sponsored Link

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 手首と携帯電話

消えていた手首と、携帯が見つかった。

沖田の右手の指先、爪との境辺りが、火であぶられた跡があった。

大泉の方にはない。
 
 
見つかった携帯はスマホが2台、ガラケーが1台。
ガラケーは貼ってあったシールから、沖田のもの。

どれも、叩き壊されていた。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー カウダカウダ

夕飯の時、江沢がなかなか来ない。

「部屋で仕事と言ってましたけどね。ちょっと声かけてきます」
とアリスが立ち上がる。

火村も一緒に行く。
 
 
火村は江沢に沖田と渡瀬のメールのやり取りの紙を見せる。

2枚目をめくった時に、江沢の目が見開く。

「カウダカウダ」
 
 
食後、白布施のいる夢守荘のリビングに、
江沢を連れて入ってきた火村とアリス。
 
 
「サーナサーナ」という白布施の小説に出てくる別れの言葉。

「元は、カウダカウダだったんですよね」と聞くアリス。
 
 
「あぁ、そうだった。江沢くんが校正の時に『カウダカウダ』はラテン語で
『動物のしっぽ』という意味だ、

と指摘してくれたので『サーナサーナ』に」
 
 
江沢が、メールのやり取りの紙を見て驚いたのは、
そこに、白布施の校正をしたときの『カウダカウダ』があったからだ。

『カウダカウダ』は渡瀬が使っていた言葉だったのだ。
 
 
渡瀬は、白布施のゴーストライターだったのだ。

「ナイトメア・ライジング」を書いたのも、渡瀬。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 渡瀬の小説と沖田

アメリカに行っていた沖田。
帰国後、渡瀬が亡くなったことを知る。

その渡瀬がアシスタントとして働いていた白布施の書いた小説
「ナイトメア・ライジング」を読んで、驚いた。
 
 
”前のような長いメールを….”

渡瀬は自分が書いた小説を、メールで沖田に送っていたのだ。
沖田は渡瀬の小説のファンでもあった。

 
 
「ナイトメア・ライジング」、その小説が、
本当は渡瀬が書いたものであることを、公表したかった。

そして、 獏ハウスにやってきた。

どこかに、小説を書いたのは渡瀬である証拠が残されているのではないかと、探したのだ。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 第一の事件

そして、白布施と沖田は口論になってしまい、
白布施が沖田を手にかけてしまったのだ。
 
 
爪の間に、 DNAなど残っていてはまずい、と沖田の指を焼きたかったが、
ライターなどもなく、火はガス台のみ。

遺体ごと動かし、何かさらに証拠を残してしまうといけないので、
手首を切って、その指先だけ焼くことに。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 第二の事件

そこに、沖田を忘れられない元カレの大泉が、来てしまったのだ。
もみ合いの末、大泉も手にかけてしまう。
 
 
沖田の事件を、大泉がやったことにするため、大泉の手形を壁につけた。

この時、倒木により道が塞がれていることを、白布施はまだ知らない。
大泉の遺体を遠くに運ぼうと、車で出かける。

しかし、倒木があって、通れない。

そのため、こちら側にある小屋に隠すしか無くなった。

左手首を切ったのは、猟奇殺人に見せかける為。
 
 
切った手首と、壊したスマホや携帯も、
道が通れないので、近くに埋めるしかなかったのだ。

沖田のガラケー携帯には、恐らく渡瀬の小説が入っていたのだろう。
 
 
渡瀬は白布施のゴーストライターであることを恨んでなどいなかった。
静かな生活を、楽しく過ごしていたと思う。とアリスは言う。

火村英生の推理「狩人の悪夢」 ー 江沢の電話のやり取りの秘密

ある日、火村とアリスのいる、
火村の下宿に江沢が訪ねてくる。

すると、その後ろから、アリスの担当編集者の片桐が出てくる。

「私たち結婚するんです」
 
 
あの怪しい電話は、いつアリスに話すのか。
気付かれていないか。

などのやり取りだったのだ。

 
Sponsored Link

関連記事はこちらから
↓ ↓ ↓
火村英生の推理2019スペシャル「ABCキラー」主題歌にキャストとネタバレ
最上の命医2019スペシャルのあらすじネタバレ!キャストと登場人物
リカ(高岡早紀主演)ドラマのあらすじネタバレ!原作・五十嵐のホラー小説
遺留捜査スペシャル2019年秋(10月)のあらすじネタバレ!結末と犯人は
ドクターY・2019テレビ放送のキャストとあらすじネタバレ!隠し子が?
ニッポンノワールは三年a組の続編!監督や脚本・キャストに相関図!
ニッポンノワールは漫画が原作?[1話~最終回]あらすじネタバレと出演者
「時効警察はじめました」の放送地域!関西・大阪はabc!いつから&時間は
「時効警察はじめました」のキャスト!真加出(早織)や三日月・豊原功補は?
時効警察2019復活スペシャルのキャストとあらすじネタバレ!まかでは?
「あなたの番です」の相関図やキャスト!あらすじと犯人!放送期間は?
グランメゾン東京の原作は小説?漫画?二ツ星の料理人の脚本パクリ?
グランメゾン東京[1話~最終回]あらすじネタバレ!キャストに相関図

火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」 ー あらすじとネタバレ[前編(惨劇の森)]

火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」 ー プロローグ

人気ホラー作家の白布施正都との対談をきっかけに家に招かれたアリスと火村。

白布施の担当編集者の江沢とともに、
京都の亀岡市郊外にある白布施の邸宅「夢守荘」を訪れることになった。
 
 
「夢守荘」には、泊まると必ず悪夢を見るという「悪夢の部屋」があった。
 
 
白布施、江沢とともにオーベルジュ「レヴリ」での夕食を楽しんだ後

アリスと火村は「悪夢の部屋」に泊まる事になった。

火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」 ー 第一の事件

幸い小さな悪夢を見るだけで終わった翌朝、

白布施の隣人、矢作が「獏ハウス」という白布施所有の
家の様子がおかしい
と言ってきた。

アリスと火村が訪れる前日、2年前に亡くなった白布施のアシスタント、渡瀬の
元同級生、沖田依子が訪れていた。

が、すでに沖田は帰ったので、「獏ハウス」には誰もいないはず。
 
 
白布施、江沢、矢作、アリスの4人は「獏ハウス」に向かう。

そこには、リビングのソファーの上で、
右手首を切り落とされ、首に矢が刺さった沖田が、息絶えていた。
 
 
矢は、白布施がファンからもらった装飾用の矢で、実用には向かない。
弓と一緒にリビングに飾ってあったものだった。
 
 
壁には、血のついた手形が残っていた。
だが、その位置がおかしい。

壁のかなり下の位置に付いている。

犯人のものか?
 
 
遺族の証言から、沖田には、元恋人で、今でも付きまとわれている
大泉というストーカー
がいることが分かった。
 
 
そして、事件当日、最寄り駅の防犯カメラに大泉が映っているのが見つかる。

大泉を乗せたというタクシー運転手も見つかった。
 
 
そして昨日、火村とアリスはその男とすれ違っている。
 
 
また、事件当夜は激しい落雷で倒木が道をふさいでいた。

車では外部との行き来ができないが、
徒歩なら犯行後に倒木を乗り越えて逃走することも可能だ。

事件は解決したかに見えた。

火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」 ー 第二の事件

壁の血のついた手形は、大泉のものと鑑定された。

ところが、大泉がここにやってきてから、事件を起こすまでの間に
潜んでいたと思われる付近の空き家を捜索したところ、

床下収納で大泉の遺体が発見された。

遺体は左手が切り落とされていた。
 
 
大泉が犯人という前提は崩れた。

火村とアリスの推理が始まる。

火村英生の推理2019スペシャルHulu「狩人の悪夢」 ー 登場人物

白布施 正都(しらふせ まさと)・・・高嶋政伸
人気ホラー作家。「ナイトメア・ライジング(ナイライシリーズ)」がヒット中。

江沢 鳩子(えざわ はとこ)・・・山本舞香
白布施の担当編集者

———————————————————————–

光石 遼平・・・木下ほうか
オーベルジュ「レヴリ」のオーナーシェフ

光石 静世・・・西尾まり
オーナーシェフの妻

光石 由未・・・小野莉奈
オーナーシェフの姪。料理人になるため修行中。

————————————————————————

弓削 与一・・・市川知宏
レヴリの宿泊客。ゲームクリエーター。

矢作 萌・・・江口のりこ
白布施の隣人。イラストレーター

—————————————————————

渡瀬 信也・・・松本大輝
故人。白布施の元アシスタント

白布施が所有している「獏ハウス」に住み、
白布施の身の回りの世話などをしていた。

また、見た悪夢をネタとして白布施に提供していた。

2年前、心筋梗塞のため獏ハウスで亡くなる。
 
 
沖田 依子・・・まつながひろこ

渡瀬信也の高校の同級生。
帰国後、渡瀬が亡くなったことを知り「獏ハウス」を見たいとやって来た。
 
 
大泉 鉄斎
沖田の元恋人。別れた後も付きまとっていたらしい。