バンクシーってどんな人? 落札価格1.5億円!直後にシュレッダー!1

サザビーズってご存知ですか?有名な美術品とかのオークションをするところです。

今回そこで信じられない事件が起きました!

プ~プ~

なんだかルパン3世とか、怪盗◯◯とか、出てきそうな話です!

Sponsored Link

落札価格1.5億円!直後にシュレッダー!

5日ロンドンのサザビーズで、バンクシーというアーティストの作品が1.5億円で落札されました。

が、落札直後、額縁に仕掛けられたシュレッダーで、その絵自体が切り刻まれた!
 
 

たろうたろう

1.5億円 ですよ!1.5億円!

という事態が起こりました。

これ事件というよりも、作者バンクシー自身が仕掛けたもののようです。

その瞬間の映像を!


 
 

たろうたろう

1.5億円がバラバラに…

プ~プ~

そしてバラバラになった絵を、スタッフが急いで片付けている…

英語の文字の画面が2回出てきます。その意味は?

1回目: 数年前、私は絵の中に内緒でシュレッダーを組み込んだ
2回目: 万が一オークションにかけられた場合のために

 
 
では、こんなおかしなことをするバンクシーってどんなアーティストでしょう?

Sponsored Link

バンクシーってどんな人?

バンクシーってどんな人?

イギリスロンドンを中心に活動する、
グラフィックアート、ストリートアートのアーティスト
 
 
バンクシーは本名ではありません
プロフィールも隠されています

生年月日:1974年という話もあり
 
 
一人の人ではなくって、アーティスト集団の可能性もあると言われています。
 
 
「この人ではないか」といろんな人が調べまくっているようです。

なぜ身元を隠すかというと、
「落書きが犯罪であるから」と言われています。

どんな活動をしている?

メトロポリタン美術館や大英博物館などの館内の、
あまり人の入らない部屋の片隅に勝手に自分の作品を展示

 
 
目立たない場所だったから、しばらく誰も気づかなかったんだって

作品解説のキャプションまでつけてたってのが笑える

たろうたろう

それってよく絵の横にある、題名とか何年とか書いてあるプレートでしょ

2005年5月 大英博物館に「街外れに狩りにいく古代人」と言う
遺跡のカケラ風の作品を勝手に展示

ショッピングカートを押す古代人と、カートの中には槍が刺さった獣が入っている絵が書いてあったそう。

さらに笑えるのは、

それを大英博物館に勝手に置いておいたいのに、
バンクシーは自分の個展のために 、

プ~プ~

その作品を大英博物館から一旦引き取ったんだって

たろうたろう

その上作品の横に「大英博物館より貸与」ってプレートをつけた

「後に、博物館はバンクシーの作品を正式なコレクションに追加した」

てゆうのもすごい!(笑)
 
 

たろうたろう

イギリス人のユーモアって、世界的に有名

でも隠れてばかりいるわけではなくて、

2010年にはドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」
を監督してアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされたりもしています。

たろうたろう

この映画もなかなか曲者みたい


 
 

バンクシーってどんな人? 落札価格1.5億円!直後にシュレッダー! まとめ

プ~プ~

表に出てくることもあるんだから、きっと誰だか知っている人もいるんだろうね

たろうたろう

でもそれをみんな公表しないのも、いい感じ

プ~プ~

日本だったらきっと「犯罪だ」と言ってやたら探して、こんなこと絶対できないよね

ちょっとウィットに富んだ人と、それを受け入れてる社会と、何かいいですね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

Sponsored Link